上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【2017.10.27〜10.28 下ノ廊下・水平歩道】

 先月、道の整備が整わずに歩けなかった下ノ廊下に行きたい。

 10月の半ばに、やっと道の整備が整い通れるようになった。
 ただ、台風21号の影響でとても歩ける天気じゃない。
 気を揉みながら機会を伺っていたところ台風一過の26日(木)以降がいいみたい。

 ただ、26日は休みが取れず、出発は26日の仕事を終えてから・・・。
 今回のルートは、スタートが長野県の扇沢でゴールが富山県の欅平とループしていないため、移動は電車とバスの利用が一般的だけど、計画どおりの列車に乗れる確信もなく、時間に追われるのは嫌なので車で行くことにした。
 そのため、扇沢から宇奈月温泉まで車の回送を利用
 18000円の出費は痛いけれど、心のゆとりを優先したのです。(^_^;)

 27日の2時過ぎに大町温泉郷観光協会前の駐車場に到着し仮眠
DSC01798.jpg


 明後日には、台風22号の接近で天気が悪い。
 今日と明日の限られた晴天を逃すまいと混雑するだろうから・・・と、5時半に扇沢のチケット売場に着いたけど誰〜れも来ない。
 寒空の中、1時間以上もチケット売り場にポツ〜ン・・・。(^_^;)
DSC01829.jpg


 6時50分に1番でチケットをゲット❗️(あまり、意味はなかったけど・・・。)
 7時30分始発のトロリーバスに乗って約15分ほどで黒部ダムに到着
DSC01856.jpg

DSC01860.jpg



 展望台からのダム湖も見てみたかったけど、少しでも早く阿曽原温泉小屋に着きたいので、ダム湖への道を横目に人の波に乗って旧日電歩道へ・・・。
DSC01857.jpg



 まずは黒部川まで一気の下り道
 下から眺める黒部ダムは立派だけど、写真で見るあの大きなダム湖の水を目の前のダムが支えているのだと思うと心細くもある。
 壊れないでね・・・。(^_^;)

 川辺に下りると黒部川の左岸へ渡る。
 ここから一時間ほどは穏やかなトレッキング・・・。
DSC01874.jpg

DSC01876.jpg

DSC01880.jpg



 黒部の谷に陽が差してくると、山肌の紅葉が目に飛び込んできた。
 「天気が良くてよかったな〜。」なんて、呑気なことを思っていたのも束の間・・・。
 前を行く人たちの歩いている道が徐々に凄いことになってる。
DSC01890.jpg

DSC01895.jpg



 樹々が少なくなって岩肌が露わになってきた。
 この辺りから心が震えるような道になる。
DSC01910.jpg

DSC01943.jpg



 背の高い人にとって、岩盤を削った道はちょっと窮屈みたい。(^_^;)
 振り返ってみると、凄い道を歩いてきたもんだ・・・。
DSC01951.jpg



 大きな岩盤が見えてきた。
 梯子で迂回路が設けてあって、遠目に見ると落差が凄い。)
 中年の女性が梯子の手前で固まっていた。経験がないと剥き出しの梯子は恐いよね。

 上から見ると黒部川のグリーンがとっても綺麗・・・。
 「黒部グリーン」と命名してみた。 (o^^o)(既に呼ばれているかも・・・。) 
DSC01957.jpg

DSC01962.jpg



 ここが、今年の通行を最後まで阻んでいた所なのか・・・。
 黒部別山谷出合の道を塞ぐ大きな雪塊を梯子で上って、プチ雪渓歩き・・・。
DSC01970.jpg



 白龍峡に入ってきた。
DSC01984.jpg


 目を足下に奪われて風景はチラチラと・・・。
 渓谷の迫力が凄く緊張の道が続く。
DSC01996.jpg

DSC02029.jpg

DSC02036.jpg

DSC02040.jpg

DSC02048.jpg



 白龍峡を抜けると寒々とした岩の世界が一転して、目の前に暖かな紅葉の世界が現れた。(o^^o)v
DSC02063.jpg
DSC02073.jpg




 色付いた樹々の囲まれた道を歩いて、昼過ぎに憧れていた十字峡に到着❗️
 皆さんここが昼食ポイントのよう。 
DSC02084.jpg
DSC02088.jpg



 崖っぷちを進んで行くとS字峡
 高度が上がっている分、渓谷がとっても綺麗・・・。
DSC02118.jpg



 S字峡の景色にうっとりしていたら、滝行ができそうな黒部のシャワー。
 少しでも濡れないように強行突破したけれど上着はビショビショ・・・。(^_^;)
DSC02128.jpg



 突如、対岸の山肌に変わった建造物・・・。
 「黒部第四発電所」らしい。
 ダムで発電しているんじゃないんだね。
DSC02132.jpg



 東谷吊橋を渡ると、旧日電歩道ゴールの仙人谷ダム・・・。
DSC02140.jpg
DSC02155.jpg



 仙人谷ダムから見下ろすと、その落差と急流の迫力に圧倒される。
 この辺りの紅葉も見事・・・。
DSC02160.jpg

DSC02163.jpg


 水平歩道へは、一旦ダムの施設内へ立ち入る。
 ダム施設がルートになっているなんて・・・。
DSC02161.jpg

DSC02164.jpg

DSC02165.jpg



 関西電力のトロッコ軌道と、そこから見た仙人谷ダムと渓谷
 ここにも、S字峡に匹敵するような渓谷美があった。

DSC02169.jpg

DSC02175.jpg

DSC02171.jpg



 あと1時間ほどで今日のゴールの阿曽原小屋に着くはず・・・。
 気持ちが軽やかになったけれど、思わぬ急登が待ち構えていてた。(^_^;)

 計画よりも1時間半早い15時に阿曽原温泉小屋に到着
 テント場も賑わっているけど、今日は小屋も満員で布団1枚に2名・・・。 
 3名じゃなくて、よかった〜。(o^^o)
DSC02198.jpg



 どんなに疲れていても、ここに来たらまずは温泉❗️
 みんな考えることは同じで、湯船は大混雑
 それでも、紅葉の中の温泉は極楽極楽・・・。(o^^o)v

 「モザイクは入りませ〜ん。タオルで隠してくださ〜い。」との声が響く。
 TV放映があるらしく、見上げるとドローンで入浴風景を撮影してた。

 潮が引いたように芋洗いの混雑がサッと過ぎて、やっと秘境の温泉らしいムードになったと思ったら、それもそのはず男性の入浴時間があと5分・・・。(^_^;)
 もうすぐ女性がやって来る。ピンチ❗️
DSC02194.jpg



 黒部2日目は、先月も歩いた水平歩道を阿曽原温泉小屋から欅平へ・・・。
 紅葉の土曜日とあって、今日はトロッコ電車も満員で午後には既に約3000人の団体予約があるらしい。
 午前の便に乗れずに午後になると何時の便に乗れるか分からない。
 時間に余裕はあるものの、それは困る。
 10時に欅平へ着くよう6時に小屋を出発
 すでに30〜40人が真っ暗な中を先行してる。
DSC02199.jpg

DSC02200.jpg



 先月は緑一色だった歩道が紅葉の中に線を描いてる。
 同じ道なのに、前回とはまったく違う道を歩いているみたい。
DSC02228.jpg

DSC02262.jpg



 紅葉をバックの大太鼓
DSC02267.jpg

DSC02305.jpg



 先行している方が写真を撮って送ってくれた。(o^^o)v
IMG_20171030_070201.jpg



 欅平まであと1時間ほどとなり、水平歩道も残りわずか・・・。
 どこを見ても紅葉が素晴らしく、同じような写真ばかり残ってた。
 緑の中の水平歩道もよかったけど、紅葉の道も素敵だね。
DSC02306.jpg
DSC02324.jpg



 トロッコ電車は混雑していなかったけど、それでも7割は埋まってみたい・・・。
DSC02330.jpg



 宇奈月温泉駅で無事に車を回収
 前回と同じ「とちの湯」で汗を流し、湯上りのアイスは「こしひかりソフト」❗️
 そして昼食も前回と同じく「牡蠣ノ星」さんで牡蠣三昧・・・。(o^^o)v

 今回も緊張感たっぷりの楽しい山歩きだったな〜。
 機会があれば、また黒部を歩きたいね。
DSC02336.jpg

IMG_2033のコピー
Secret

TrackBackURL
→http://dejikamesanpo.blog68.fc2.com/tb.php/522-7a60c20f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。