2013.08.04 葉山の棚田
 日曜日に仕事が入ったので、土曜日しか走ることができません。
 夕方は横浜で宴席があり、今回も遠出ができないので、少し気合を入れて早朝スタートです。
 この日の目的は、先日行けなかった横須賀の中央公園と、葉山にあるという棚田を見に行こうと考えていました。
 ついでに湘南国際村と披露山を加えると、坂トレーニングにもなるし・・・。(^_^)v

 JR横須賀駅脇のヴェルニー公園に寄ると、派手な船体色の氷砕船「しらせ」が停泊していました。
2013_0803_0001-b.jpg


 
 最初の坂道は、京浜急行駅の横の平坂で、続いて写真の坂道を上りきると中央公園です。
 写真の坂道は、山口百恵が歌った「横須賀ストーリー」の歌詞にある「急な坂道、駆け上ったら・・・」以来、「これっきり坂」と呼ばれているそうです。
 横須賀中央公園のシンボルは、平和のモニュメントです。
 遠くからでも、よく見えます。
2013_0803_0002-b.jpg2013_0803_0003-b.jpg



 中央公園からは、衣笠十字路を通り武山を目指します。
 しかし、交通量の多い道を避けて太田和へ分け入ると、そこにはホタルの里がありました。
2013_0803_0005-b.jpg



 太田和からは、自衛隊の射撃場の脇を抜けてR134号へ出ます。
 途中、関口牧場を覗きましたが、まだ開店前でソフトクリームはありません。(^_^;)

 今朝は、家人たちが寝ている間に黙って家を出てきたので、連絡を兼ねて立石の公園でプチ休憩です。
2013_0803_0007-b.jpg



 次に向かうのは、葉山にあるという棚田見物です。
 場所は、ちょうどいいことに、湘南国際村の向こう側・・・。
 いつもは、葉山側から上る湘南国際村ですが、この日は4年ぶりくらいに秋谷側から上りました。
 秋谷側からの方が、傾斜が幾分緩やかなようで、余裕を持って上ることができました。
 もちろん、ゆっくりしたスピードに変わりはありませんが・・・。(^_^;)

 湘南国際村では、休憩ついでに新しいグリップを付けてみました。
 今回導入したのは、エンドグリップ付きのものです。
 グリップ自体は以前のものと変わりませんが、エンドが付いているだけでハンドルが持ちやすいような・・・。
 きっと、ブラシ―ボ効果だとは思いますが・・・。(^_^;) 
2013_0803_0009-b.jpg



 湘南国際村を葉山側へ下り、棚田があると思われる所をウロウロ・・・。
 ただ、辺りはどこも急坂だらけで、棚田を見下ろす道への上り坂に撃沈で、今日も自転車を押して歩るくことに・・・。(-_-;)
 しかし、棚田を見つけた時には、その風景に疲れも吹っ飛びました。(^_^)/
 三浦半島にも、本当に棚田があったんですね。
 ただ、稲が大きくなり、畑と変わらないので、次は、田植えの時期に来ようっと。
2013_0803_0010-b.jpg


 
 最後の〆は披露山の坂道です。
 ただ、今回は、いつも上る披露山公園入り口の交差点からではなく、小坪小学校側からの挑戦です。
 急な坂道とは聞いていましたが、ゆっくり上れば何とかなるはず・・・。
 しかし、あまりの傾斜に前輪が浮き上がってギブアップ。
 ここでは押し歩く気力も喪失し、披露山は諦めることにしました。(-_-;)

 披露山と同じような海を一望したいと、代わりに上ったのが、第一中学の脇の坂道です。
 しかし、頂上は住宅街で景色はなく、単なる坂道トレーニングで・・・。
 こういう時って、疲れが倍以上に感じます。(^_^;)

 上る時は気が付きませんでしたが、その途中には、変わった塔がありました。 
2013_0803_0012-b.jpg



 全身に溜った疲労感を払しょくするには、甘いものを・・・ということで、久しぶりに「一花屋」さんへ。
 お願いしたのは、もちろん杏仁豆腐です。
 1年ぶりの対面に大感激です。
 この日は、坂道に跳ね返されて、距離の割に疲労感大でしたが、「一花屋」さんで、すっかり癒されました。(*^_^*)
2013_0803_0015-b.jpg2013_0803_0016-b.jpg



 最後に、和賀江島を望むいつもの海岸で、海辺の夏を満喫して帰宅しました。
 ただ、相当カロリーを消費したつもりですが、お風呂上りの体重は出発前より+500g。
 あれだけ流した汗は、どこへ行ったのでしょう。(^_^;)
2013_0803_0019-b.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://dejikamesanpo.blog68.fc2.com/tb.php/472-fab13432