上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.20 ポタ初め
 1週間前のことでタイムリーではありませんが、平成25年の自転車始めとして、鎌倉をブラブラしてきました。(^_^)/
 今月末には、お世話になっている自転車のオフ会の皆さんと鎌倉を走ることになっているので、そのコースの下見も兼ねての鎌倉ポタです。

 この日は、お天気がとても良かったので、まずは富士山が見える逗子マリーナへ・・・。
 写真では、目を凝らさないと見えませんが、江の島と稲村ヶ崎の間には、くっきりと富士山が顔を見せてくれています。(^_^)v
2013_0112_0003-b.jpg



 この時、時間は10時を少し回った頃・・・。
 朝食を食べていなかったので、どこかでブランチでも食べたいな~。
 この辺りでブランチといえば、「クレープりー・アルモリック」さんに決まりです。(^_^)v
2013_0112_0009-b.jpg2013_0112_0006-b.jpg



 「クレープりー・アルモリック」さんでは、本日オススメのクレープをお願いしました。

 お腹を満たして向かったのは、源頼朝のお墓ですが、たまたま鶴岡八幡宮前の信号で止まったので、遠くからではありますが、八幡宮さんへ新年のご挨拶をしておきました。(*^_^*)

 この日の頼朝のお墓は観光客が多く、今まで出会ったことがないくらいの人数の方にお会いしました。
 これまで、頼朝のお墓を訪ねたのは、秋の夕暮れや曇空の人気のない時ばかりで、ゾクゾクするような霊気を感じたのですが、青空のポカポカ陽気の下では、頼朝のお墓も長閑に感じました。(^-^)v
2013_0112_0011-b.jpg2013_0112_0012-b.jpg



 そして、次に訪ねたのは、鎌倉における、本年初の神社として選んだ鎌倉宮です。
 厄年はとっくの昔に過ぎましたが、盃を割るだけ厄(悪いもの)を落とせるというので、100円で厄割りを行いました。
 これで、平成25年も良い年になればいいのですが・・・。(^_^;)
2013_0112_0017-b.jpg2013_0112_0016-b.jpg



 さて、次は・・・?
 浄妙寺の「喜泉庵」か、それとも報国寺の「休耕庵」でお茶を考えています。
 どちらでも良かったのですが、今回は久しく訪ねていない報国寺の「休耕庵」を選びました。

 タイミングが良かったのか、いつもは席が埋まっている「休耕庵」さんですが、この時は、お客さんが少なく、ゆったりとした時間を過ごすことができました。(^-^)/
2013_0112_0023-b.jpg2013_0112_0020-b.jpg



 今、一番気にかかっていることは、オーダー中の自転車のことです。
 昨年の2月にお願いして、もう少しで1年になります。
 果たして、どこまで出来上がっているのやら・・・?
 そのお店が北鎌倉にあるので、訪ねてみることにしました。
 
 ご主人の高比良さんに伺ってみると、「これから製作にかかります。」とのこと・・・。
 どうやら、フレームの出来上がりは3月か4月か・・・。
 新しい自転車に乗れるのは、まだまだ先のようです。(^_^;)
2013_0112_0034-b.jpg



 北鎌倉からは、亀ヶ谷坂を通って久しぶりに寿福寺へ・・・。
 総門から中門まで一直線に続く参道が素敵なお寺さんです。
 本堂には入れませんが、参道を眺めているだけで、心が洗われるような気にしてくるお寺さんでもあります。(*^_^*)
2013_0112_0036-b.jpg2013_0112_0035-b.jpg


 
 これで帰宅しようと思ったのですが、鎌倉でのスイーツを食べていないことに気がつきました。
 それでは・・・と訪ねたお店は「OVALE」さんです。
 いつもは、クリームブリュレをいただくのですが、今回は初めてバウムクーヘンをいただきました。
 本来、「OVALE」さんは、バウムのお店ですもんね。(*^_^*)
2013_0112_0039-b.jpg



 さて、あとは帰宅するだけですが、のんびりしていると外は日も落ちて真っ暗に・・・。
 逗子辺りを走っていると、以前から気になっていたタイ料理の「aroi」の灯りが目から離れません。
 
 自宅も近いのですが、夕食は、ここに決定!
 いただいたのは、辛~い辛~いフォーです。(^_^;)
2013_0112_0042-b.jpg2013_0112_0041-b.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://dejikamesanpo.blog68.fc2.com/tb.php/457-b3a11fb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。