上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.02 八ヶ岳周遊
 UPするのが随分遅くなってしまいましたが、8月25日と26に、元部下たちの「山小屋に泊まってみたい。」というリクエストに応え、八ヶ岳に行ってきました。(^_^?)/
 予定のコースは、美濃戸から柳川の北沢で赤岳鉱泉に向かい、硫黄岳、横岳、赤岳を登り、南沢で美濃戸へ帰る南八ヶ岳の周遊コースです。

 今回のメンバーは、女性1名を含む5名で、24日の金曜日、仕事を終えて22時に出発。
 登山口の美濃戸には、翌日の2時に到着し、朝まで仮眠して睡眠不足を補いました。
 目覚めると、天気予報の通りのいい天気で、久しぶりの登山にワクワクです。(^_^)/

 赤岳鉱泉に向かう途中は、オゾンを胸いっぱい吸い込みながらの沢歩きです。
2012_0825_0029-b.jpg



 赤岳鉱泉からは、本格的な山歩きになります。
 小屋のテーブルで腹ごしらえと、身支度を済ませ、いざ出陣!
 ただ、十数年ぶりに見た赤岳鉱泉は、建物も増えていて、随分様変わりしていました。

 赤岳鉱泉から硫黄岳への山道に分け入り、沢に架かる橋を数回渡りながら、どんどん高度を稼ぎます。
 森林限界近くになると、今日のコースの横岳や赤岳が姿を見せてくれました。
 「山に来たぞ~!」とテンションも急上昇です。(^_^)v
2012_0825_0096-b.jpg



 青い空が目の前に広がった「赤岩の頭」では、硫黄岳への登りも見え、頂上まであと少し・・・。
 疲れかけていた身体に元気が戻ってきます。(^_^)/
 暫し、遠くの山々をバックに暫し写真撮影会となりました。(*^_^*)

 ここまで来ると、硫黄岳はもうすぐです。
 この頃から雲が湧きだしましたが、おかげで気持ちのいい雲場散歩を楽しむことができました。(^o^)/
2012_0825_0115-b.jpg2012_0825_0121-b.jpg



 広~い硫黄岳の頂上に到着!
 一同、1つ目の頂上に立った安堵感と硫黄岳頂上からの景色に達成感MAXです。(^_^)/

 平坦な頂上とは裏腹に、爆裂火口の抉れた山肌に目が引き付けられます。
2012_0825_0135-b.jpg2012_0825_0137-b.jpg



 頂上からの景色を堪能し、携行食などでお腹補った後は、一旦ザレ場を下って、横岳へ登り返します。
 途中には、雲の中だった富士山が顔を見せてくれて、一同「富士さ~ん!」と大声を出していました。(^O^)/
2012_0825_0159-b.jpg2012_0825_0197-b.jpg



 ただ、ここからは、横岳の岩場に顔が引きつります。
 カニの横ばいなどの岩場の出現がした時は、疲れた身体が更に緊張で硬くなっていました。(^_^;) 
2012_0825_0218-b.jpg2012_0825_0229-b.jpg



 横岳頂上に到着した時は、岩場の緊張から解き放たれて、笑顔になりました。(^_^)v
 忘れているようですが、ここからの下りも岩場なんですけどね・・・。(^_^;)
2012_0825_0273-b.jpg



 横岳を下ると今日の宿泊予定の赤岳展望荘です。
 展望荘に到着し、宿泊の受付をお願いすると、「予約されていますか・・・?」との質問
 「いいえ」と答えると、「今日はいっぱいですから、歩けるならば、他の小屋に行ってください。」と・・・。(-_-;)
 最近の山小屋は、予約するシステムになっていたんですね。
 
 「歩けない。」と言ってもよかったのですが、一同、まだ歩けるようなので、展望荘での宿泊を断念し、赤岳の頂上小屋を目指すことにしました。
 「やっと、到着!」と喜んだ後だけに、赤岳に向かう足取りが重いです。(^_^;)
2012_0825_0386-b.jpg



 九十九折れの登り道に一同無口です。
 黙々と坂道を登り、赤岳山頂に到着!
 速攻で、山小屋に宿泊を願い出たのですが、ここも満員で・・・。

 疲労感は否めませんが、まだ、時間が早かったのと、あとは下るだけなので、行者小屋まで歩く決断をしました。
 一同にとっては、鬼のような決断ですが・・・。(^_^;)
 とりあえず、赤岳山頂で記念撮影です。
2012_0825_0389-b.jpg



 さすがに行者小屋は、部屋に余裕があり、念願の山小屋宿泊となりました。(^_^)v
 夕食後のビールが疲れた身体に染み込みます。
 たった1杯で、すぐに夢の中でした。(*^_^*)

 初日に行者小屋まで歩いたので、翌日は、南沢を2時間ほどかけて駐車場まで戻るだけです。
 沢沿いの杜の中をルンルンの行進です。
2012_0826_0002-b.jpg



 下山後は、樅の木荘の「もみの湯」で汗を洗い流しました。
 サッパリしたところで、昼食です。
 食事は、前回お世話になった小淵沢のお蕎麦屋さんでいただきました。
 今回いただいたのは、「おろしたぬき蕎麦」です。(^_^)/
 
 デザートは、別のお店で・・・と、思っていたのですが、メニューを見ていると甘味もあるようで・・・。
 我慢できずにお願いしてしまいました。(^_^;)
2012_0826_0013-b.jpg2012_0826_0016-b.jpg2012_0826_0018-b.jpg



 今回は、十数年ぶりの八ヶ岳を楽しむことができました。
 ただ、反省点として、山小屋を予約することをインプットしておかなければ・・・。(^_^;)
Secret

TrackBackURL
→http://dejikamesanpo.blog68.fc2.com/tb.php/449-f126debb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。