上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.30 箱根旧道
 2年ほど前から「体重が70kgを切ったなら、箱根に挑戦!」と考えていました。

 しかし、体重の方は、70kgを切ったと思うと翌日には70kgに戻るの繰り返しで・・・。(^_^;)
 「こんなことでは、いけない!」と、3週間ほど前から朝食の米飯を納豆に変え、昼食を野菜サラダにしてみました。
 すると、思った以上の効果があり、あっさりと目標を達成!
 絶好調だった二十歳代の68kg台になりました。
 ただ、当時の筋肉は、脂肪に代わってしまっていますが・・・。(^_^;)

 リバウンドする前に、箱根を登っておかなければ・・・。
 朝の4時15分に自宅を出て、最寄りのコンビニで携行食の購入です。
2012_0729_0001-b.jpg



 輪行も考えたのですが、自宅からは往復で150km・・・。
 何とか可能な範囲なので、自宅から自走することにしました。(^_^)v
 ただ、箱根の斜度がどれほどのものか分からないので、脚に負担をかけないよう、あくまでもゆっくりと・・・。
 
 ただただ、R1で「箱根」の標識を目指して進みます。
 「732号線 畑宿」の標識が見えたところで、ずっと走ってきたR1とお別れです。
 ここに架かる橋が自転車乗りにとって有名な三枚橋で、このコースにおけるTTのスタートポイントなんだそうです。
 もちろん、TTなんてしませんが・・・。(^_^;)
2012_0729_0006-b.jpg2012_0729_0007-b.jpg



 スタートして直ぐに、美ヶ原を思わせる坂道が登場します。
 しかし、ここの坂道は長く続かず、「ホッ!」としました。
 
 個人的に、一番辛かったのは、中間点くらいにあった大天狗山神社の鳥居前のカーブです。
 ここで斜度が急に強くなります。
 坂道をずっと上ってきて、脚に疲れが出始めた頃の最初の急坂だったので、脚がプルプルとなりました。(^_^;)
2012_0729_0013-b.jpg



 今回の箱根旧道コースでは、2回足を降ろしました。
 その1回が写真の畑宿のバス停のところにある「箱根旧街道一里塚」の看板のところです。
 趣のある風情に、水分補給を兼ねての寄り道です。(*^_^*)
2012_0729_0014-b.jpg



 再スタートして、九十九折れの坂道を上り、直線の坂道を登りきった先に「氷」の幟が風に揺れていました。
 目的にしていた「甘酒茶屋」さんです。
 8時前なので、「まだ空いていないのでは・・・?」と不安になりましたが、もう既にお客さんが何組か入っておられました。
 お店の名前通り、甘酒をお願いし、その受けには、きな粉餅の「うぐいす」をいただきました。(*^_^*)
2012_0729_0018-b.jpg2012_0729_0019-b.jpg



 2度目に足を降ろしたのが、この箱根旧街道の入口です。
 せっかくなので、写真に収めないと・・・。

 ここから少し上ると、このコースの最高地点で、後は芦ノ湖の遊覧船乗り場まで快適な下り坂です。(^_^)/
 ただ、この日の芦ノ湖は、ガスが立ち込めていて陽射しがなく、汗が一気に引きました。
 半袖、短パンでは、肌寒い芦ノ湖でした。(^_^;)
2012_0729_0020-b.jpg2012_0729_0022-b.jpg



 ここからは、芦ノ湖湖畔を走ります。
 途中、箱根神社の鳥居を上から眺め、「山のホテル」さんの素晴らしい庭を見ながら携行食を口にし、「龍宮殿本館」さんの前を右折して大涌谷を目指しました。
 後で知ったのですが、箱根神社の水中に立つ鳥居は、パワースポットとして有名なんだそうです。
 知っていれば、間近で写真を撮ったのに・・・。(^_^;)
2012_0729_0026-b.jpg



 大涌谷への坂道は、意外にスイスイと進みました。
 その理由は、引き足を使う感覚を何となく体得できたからだと思います。
 いつもならば、太股の前側の筋肉が直ぐに悲鳴を上げるのですが、長時間使えるという太股の裏の筋肉を使うことができたのでしょう。
 快調にペダルが回りました。
 ただ、一番軽いギアでですが・・・。(^_^;)

 本日の最高地点の大涌谷も、芦ノ湖同様ガスの中です。
 思い描いていた大迫力の風景は、残念ながら見ることができませんでした。

 「景色も見られないのでは・・・。」と、思っているところに「黒ソフト」の幟が目に入りました。
 有名な「黒たまご」に因んで作ったソフトクリームなんでしょう。
 見た目は凄いですが、味は普通のバニラ味でした。
 不思議~・・・。(*^_^*)
2012_0729_0030-b.jpg2012_0729_0033-b.jpg



 大涌谷からは、ただただ下るだけで、アッと言う間に、小湧園、宮ノ下を過ぎ、箱根湯本に到着です。
 芦ノ湖や大涌谷では、寒いと感じていたのですが、下に来るほど暑くなり、大平台まで来ると、一転してムッとするくらいの熱気です。(^_^;)
 
 箱根湯本では、早川にかかる雰囲気のいい橋が見えたので寄ってみると、その脇に、これも雰囲気のよさそうなお蕎麦屋さんが・・・。
 「はつ花」さんというお蕎麦屋さんで、自然薯のお蕎麦が有名なのだそうです。
 食事には、少し早いのですが、せっかくなのでお世話になりました。(^_^)/
 お願いしたのは、「貞女そば」です。
2012_0729_0038-b.jpg2012_0729_0039-b.jpg



 この後は、小田原からR1、R134と真っ直ぐに自宅を目指します。
 芦ノ湖の寒さが恋しいくらいで、逗子海岸まで戻ってきた頃は、暑さで蕩けそうになりました。
 自転車に乗ったまま、海に飛び込みたいくらいです。(^_^;)
2012_0729_0043-b.jpg


 
 今回、念願だった箱根を無事に走ることができて、とっても満足しています。
 次は、ヤビツ峠かな・・・?
 もちろん、草津の白根山や野麦峠、富士山一周、富士五湖巡りにも・・・。
 行きたいところがいっぱいで、優先順位付けで悩みそうです。(^_^)/

 走行距離:150km
 累積標高:1623m
Secret

TrackBackURL
→http://dejikamesanpo.blog68.fc2.com/tb.php/446-2d267d1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。