上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日の日曜日、個人的に「房総センチュリーライド」と銘打って、房総半島を自転車で走ってきました。
 英語で100は、センチュリー・・・。
 それをとって、自転車で100マイル走ることをこう呼んでいます。
 有名なところでは、ハワイで行われる「ホノルルセンチュリーライド」があります。(*^_^*)

 計画したきっかけは、インターネットで「BOSO ツーリング2010 STAGE2」というものがあり、そこでコースのデータがUPを発見したことがきっかけでした。
 コースを地図に書き写してみると、房総半島を横断するルートで、景勝地を巡るコースが楽しそうだと思い、挑戦することにしたのです。(^^)v

 市原市役所をスタート/ゴール地点とし、最寄り駅の内房線「五井駅」までは、往復輪行する計画でした。
 160kmを平均時速20kmで走ると仮定した場合、所要時間は、約8時間、昼食や休憩を入れると約10時間・・・。
 それに、五井駅までの往復4時間をくわえると、14時間以上の旅になります。

 早朝にスタート地点へ立つためには、横浜駅始発の電車に乗らなければならず、朝の3時に自転車で家を出発しました。
 4時少し過ぎに横浜駅に到着し、自転車をたたんで、横浜4時22分発の京浜東北線に駆け込みました。
 こんなに静かな横浜駅を見るのは初めてです。(*^_^*)
2010_0425_0002-b.jpg


 横浜駅始発の電車に乗るのは、今回が初めてでしたが、予想以上の乗客にびっくりです。
 といっても、1両に10人程度しかいませんが・・・。
 まだ、輪行の経験も浅く、興奮気味で眠気はありませんでしたが、乗客の皆さんは、とっても眠たそうでした。(^_^;)
2010_0425_0006-b.jpg



 内房線の五井駅に着いたのは、6時16分。
 駅前のコンビニで、朝食のおにぎりを食べ、身支度を整え、7時に市原市役所をスタート!
 長い一日の始まりです。(^^)v
2010_0425_0016-b.jpg



 スタート直後から、山倉ダムや秋元牧場の素敵な風景の中を走ります。
 快晴の中、早朝の清々しい風を切りながら、気分爽快です。(^O^)/
2010_0425_0018-b.jpg2010_0425_0025-b.jpg



 しかし、この直後に問題が発生!
 160kmのコースを36枚の拡大地図に分けて持参していたのですが、道に迷ってしまいました。(-_-;)
 誰かに道を尋ねたいのですが、山道のため誰にも出会いません。
 それでも何とか、自転車乗りの方に聞いて、コースを修正することができました。
 出だし早々、相当のロスをしてしまいました。(-_-;)

 その後も道に迷っては、尋ね・・・の繰り返しで、やっと大原海水浴場で太平洋とご対面です。
2010_0425_0030-b.jpg

 

 房総の山の中は、田舎の一本道とばかり思っていたのですが、「BOSO ツーリング2010 STAGE2」のコースは、自転車で走り易いところを選んでいるのでしょう。
 初めての者にとっては、分かり辛いものでした。
 道に迷った時間を取り戻そうと気持は焦りますが、道に迷うばかりです。(^_^;)
 やっとのことで「岩船地蔵尊」に辿り着きました。
 しかし、ここからは上り坂の連続で、最後は自転車から降りて歩いてしまいました。(-_-;)

 やっとのことで、坂を登り切り、下った先がハワイを思わせるような、御宿の海水浴場です。
 素敵な景色に疲れが吹っ飛びました。(^O^)/
 時計を見ると、もう12を大きく過ぎています。
 どうりで力が入らないはずです。
 元気を取り戻すために、お昼ごはんに、海鮮丼をいただきました。
 これで、元気が戻るはずです。(^O^)/
2010_0425_0040-b.jpg2010_0425_0042-b.jpg



 適度なアップダウンを繰り返し、「勝浦海中公園を通過・・・」するつもりだったのですが、ここまで甘いものを一切口にしていません。
 お土産屋さんの「アイスクリーム」という文字を見て、この日初めての甘味をいただきました。
 観光地のアイスクリームなので期待はしていませんでしたが、とってもミルクの味が濃厚なアイスでした。
 あまりに美味しかったので、お代わりしてしまいました。(^O^)/ 
 後で知ったのですが、かなり有名なアイスのようでした。(^_^;)
2010_0425_0044-b.jpg



 海中公園で休憩しながら、この先の所要時間を計算してみましたが、予定時間内にスタート地点の五井駅に戻るのは、どうも無理のようです。
 自宅を出てから約120kmで、「房総センチュリーライド」を断念しました。(-_-;)
 折り畳みの小径自転車で思い付きの160kmを走るのは、無理なのかもしれません。

 それでも、折り畳み自転車の利点は、簡単に電車やバスを利用できることです。
 計画を断念した後は、折り畳み自転車の利点を活用し、帰路の練り直しです。
 帰路は東京回りではなく、「上総興津駅」から浜金谷までJRを利用、そこから東京湾フェリーで久里浜へ渡るよう計画変更です。(^^)v
2010_0425_0052-b.jpg2010_0425_0057-b.jpg



 今回は、走行距離も短く、東京湾1周した時のような筋肉痛は、翌日に残りませんでしたが、計画を断念したという無念さが残ってしまいました。
 夏までに、リベンジを果たしたいと思うのですが、このコースには最大の欠点が・・・。
 それは、コースの途中に甘味処がない点です。
 ご褒美がないと、やる気が出ないタイプなので、ひょっとすると、次回も途中棄権かも・・・。(^_^;)
Secret

TrackBackURL
→http://dejikamesanpo.blog68.fc2.com/tb.php/361-5da69503
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。