昨日、前日に出張から帰宅したばかりで、自宅でのんびりとしかったのですが、家内に「以前から言ってあったでしょ。」とディズニーシー行きを告げられ、初めてのディズニーシー行きとなりました。
 
 チケット売り場へ向かうときに、ディズニーのシャトルバスが到着したので写真に収めておきました。
 シャトルバスから降りてこられる方は、どなたも既にハイテンションで、バスの車掌さんと思しき人にミッキーマウスに出会ったときのような笑顔で手を振っていました。(^_^)/
2008_10180035-b.jpg

 「イャ~・・・!」 それにしても、ディズニーシーを知らないということは恐ろしいものですね。ディズニーシーには乗り物がなく、アベックがブラブラするだけの公園とばかり思い込んでいたのです。
 「子供たちを連れて行っても、退屈するだけだろうに・・・。しかし、退屈したら早めに帰られるかも・・・。しめしめ・・・。」なんて、1人だけ思い違いしていたようです。

 入場を待っている間に、家内と義兄夫婦が「最初に○○○でファストパスを取って・・・。」なんて、戦略を練っています。
 「ファストパス・・・?」 恥ずかしながら、ここで初めてディズニーシーの内容を知った次第で、ディズニーランドと同じように、あんなに動き回るところとは思ってもいませんでした。(-_-;)

 どうりで家内のテンションも高いはずです。(^_^;)
2008_10180044-b.jpg

 昨日のディズニーシーは、ひょっとするとディズニーランドよりも多いのでは・・・と思える人出で、人の流れに逆らって前進することができないほどでした。
 それでも、舞浜に住みディズニーシーに詳しい義兄夫婦の案内で、効率的に場内を回ることができ、トータルで9つのアトラクションやショーを楽しむことができました。(^_^)/

 その義兄が最後の楽しみとして用意してくれたのが、「タワー・オブ・テラー」。不気味な演出と垂直の急降下が売りのアトラクションです。紫色にライトアップされた「タワー・オブ・テラー」は、昼間に増して不気味です。
 乗ろうかどうか躊躇していると、「これに乗らなければ、ディズニーシーに来たとはいえないよ。」と義兄は言い、義姉は「絶対に乗らない方がいいわよ。」と意見がま真っ二つ。
 「帰りの運転もあるし、ここで倒れられては・・・。」という家内の一言で、義姉と僕を残し息子たちは手を振って建物の中に消えていきました。
 しかし、出てきたときの次男の顔は、少し引き攣っているような・・・。(^_^;)

 最初は、あまり乗り気ではなかったディズニーシーでしたが、結構楽しむことができました。
 個人的には、ディズニーの仲間たちも出演する本格的なジャズのショー「ビック・ビート・バンド」が一番良かったかな・・・。(*^_^*)
2008_10180255-b.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://dejikamesanpo.blog68.fc2.com/tb.php/213-e35e9ee3