これが、散歩を共にしてくれる愛用のカメラです。携帯電話で撮りました。
 昨年の秋に槍ヶ岳~北穂高岳を歩いたとき、大キレット歩行中に落下させて以来、不調続きです。
 目立っているのは、カメラの帯の剥れです。アロンアルファで何度も接着を試みているのですが修復に至らず、ポケットに引っかけては、傷を広げています。最後の頼みは、ガムテープでしょうか・・・。 
 SH5300051-1.jpg

 カメラの裏、右上のズームスイッチ付近には、山で落下させた傷跡があります。
 そのときから、ズームが利かなくなりました。ズーム機能は、あまり利用しませんでしたが、「あとちょっとだけUPしたい~!」というときに悔しい思いをしています。

 電源を入れると、レンズが迫り出してくる機構なのですが、最近は、レンズがカタカタと引っかかって出てこないことが度々発生しています。その際は、電源を再投入です。今は、何とか4回ほど電源を入り切りすると普通どおりに撮影できるようになってくれています。
 外見はいいとしても、電源が入らなくなるのでは・・・「チョット!、チョットチョット!」ですよね。
 でも、愛着があって、完全に壊れていないのに手放すのも、「ちょっと・・・。」なんですよね。(^_^;)
SH5300021-1.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://dejikamesanpo.blog68.fc2.com/tb.php/137-f025cdf0