上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.12 ヤビツ峠
 ゴールデンウィークの後半もどこかへ・・・と思っていたのですが、家の用事などで自由にはさせてもらえません。(-_-;)
 じっと耐えていると、5月5日に自由時間が降り下りてきました。(^_^)/
 天気は良さそうなので、いろいろ考えた末に決定した行き先はヤビツ峠です。

 朝6時に出発しようと準備を始めたところで、携帯の充電がほとんどないことに気がつき、自宅を出たのは8時半過ぎ・・・。(--;)
 逗子の海岸には、すでに色とりどりのヨットが並んでいました。
2013_0505_0002-b.jpg



 片瀬漁港に飲み物を買いに寄ったついでに、堤防の先端まで・・・。
 腰を下ろして釣り人たちを眺めていると、なかなか再スタートができません。(^_^;)
 ただでさえ、家を出たのが遅かったのに・・・。
2013_0505_0003-b.jpg



 今日のヤビツは、裏から向かうので、八間通り入口の交差点でR134号と別れ北上します。
 しかし、この頃から右膝の筋に違和感が・・・。
 デイリーヤマザキに寄って、右膝辺りをマッサージし、ついでにシュークリームで栄養補給です。(^_^)
2013_0505_0005-b.jpg



 左手に見えていた大山が見えなくなり、しばらく走ると民家がなくなり、宮ケ瀬湖の南端に到着!
 湖の東岸を北に進みます。(^_^)v
 交通量も少なくなり、湖にかかる橋を写真撮影しながらトンネルを抜けると、やまびこ大橋がすぐそこです。
 ただ、右膝の痛みが強くなり、立ち止まって足をマッサージする回数が増えてきました。(--;)
2013_0505_0010 -b2013_0505_0011-b.jpg



 やまびこ大橋を渡り、今度は湖の西岸を南下し、いよいよ裏ヤビツです。
 湖から離れ、川伝いに走るようになると、木漏れ日の素敵な道に入っていきます。
 前回の下りとは、ずいぶん雰囲気が違うのですが、傾斜も緩やかなので、ゆったり気分で進むことができます。(*^^*)
 ただ、右膝の違和感は苦痛に変わり、素晴らしい景色もだんだん目に入らなくなってきました。
 ここで引き返えすことも考えましたが、ここからならヤビツに登って表を下った方が楽と判断し、そのまま前進することに・・・。
2013_0505_0018-b.jpg



 そして、眺めのいいところでは、足のマッサージを兼ねて休憩します。
 ガードレールから身を乗り出して下を流れる川を見ていたら、通りがかった外人さんに「飛び込まないでね~!」と声をかけられました。(^_^;)
 勿論です。!!!
2013_0505_0019-b.jpg2013_0505_0023-b.jpg



 今回、一番辛かったのは「きまぐれ喫茶」さんからヤビツまでの上り坂です。
 右足は、力を入れないで、回っているだけで痛む状態になっていました。
 登りきったら、あとは下るだけ・・・。
 
 ヤビツ峠が見えたときは、嬉しくて、嬉しくて・・・!!
2013_0505_0028-b.jpg



 自転車から降りると、右足1本では立てないくらいになっていました。
 記念写真を撮った後、ベンチでマッサージをしながら足の回復を待っていると、自転車のオフ会でお世話になっている「陽ちゃん」一家が上ってこられました。(^_^)/
2013_0505_0029-b.jpg



 帰りは、一気に下りたかったのですが、やはり足が痛く、菜の花台で日向ぼっこをしてゆっくりと・・・。
 海沿いの平地になっても、足の痛みは一向に治まらず、この日は甘味処へ寄る余裕もないまま帰宅となりました。(^_^;)

 足の痛みは、随分和らぎましたが、この週末は自宅でおとなしくしています。
 それにしても、この方面へのポタは、前回自転車のタイヤトラブル、今回足の痛みと、トラブル続きです。
 二度あることは三度ある・・・?
 次回が少し不安です。(^_^;)
2013_0505_0030-b.jpg



 本日の走行距離:140km
 本日の累積標高:1265m
スポンサーサイト
 信州ポタ2日目(5月28日)の朝は、松代PAで迎えました。
 昨日の雲や風が凄かったので、今日も半ば諦めていて、目を覚ましたのは6時半でした。(^_^;)
 車窓から、寝ぼけ眼で空を見上げると、何と空は青一色!(^_^)/
 「今日は、北アルプスが見られるかも・・・。」

 慌てて長野入りし、コンビニで朝食のサンドイッチを購入
 車を駐車場に停めて身支度を始めます。
 ところが、ここで同行の友人にアクシデント・・・。
 自転車を組み立て、試走していた時にチェーンが「プチッ!」
 自転車屋さんで修理してもらおうにも、時間が早い。
 今日のポタは、夕刻5時に八王子で昨日別れた友人をピックアップするという制限時間付きなので、友人は泣く泣く車で伴走することに・・・。<(_ _)>
 
 結局、いろいろあって、信州大学前の交差点を通過したのは8時半になってしまいした。
 信号を過ぎて、しばらく走ると長閑な山間の道路になります。
2013_0428_0005-b.jpg



 立派だったR406号の道幅が少し狭くなってくると、緩いアップダウンが続き、静かな里山を眺めながら気分よく走っていると、裾花ダムもすぐそこです。
 去年は、ダム手前の坂道が辛く感じたのですが、今回は意外に元気に坂道を走ることができました。
 ただ、ダムには立ち入れなかったので、裾花大橋は洞門からパチリ!
2013_0428_0006-b.jpg



 鬼無里へのトンネルを抜けると、山向こうに五竜や唐松の頂が見えるはずです。
 「どうだろう、見えるかな~・・・?」
 恐る恐る顔を上げると、「ヤッタ~!」
 僅かに雲がかかっているものの、五竜岳の山肌に武田菱がクッキリと見えました。(^O^)/
 興奮を抑えながら、鬼無里の交差点を左折します。

 おやきの「いろは堂」さん前に着きましたが、残念ながら今年もお店は開店前で、名物おやきはゲットできません。(^_^;)
2013_0428_0021-b.jpg2013_0428_0024-b.jpg



 鬼無里の里外れに「観音そば」さんがあります。
 いつも、長野やお蕎麦の情報をいただいている「aiz」さんのブログにも登場していたお蕎麦屋さんです。
 よく見ると、お店には暖簾がかかり、看板には営業中の文字が・・・。
 しかし、お店に入ろうとすると、まだ準備中とのこと・・・。
 開店は10時からで、少し待たなければいけないようです。
 どうしようか迷いましたが、「今回を逃すと二度と訪ねるチャンスがないかも・・・。」
 それに「aiz」さんのお勧めのお店ならば、待ってでもいただく価値があります。(^_^)/

 友人が「もりそば」を頼んだので、「木の実そば」と「そばがき」をお願いしました。
 美味しい蕎麦の味がどういうものか、よく分かりませんが、そんな者にも蕎麦の味がハッキリ分かるお蕎麦でした。(^_^)v
 こんなお蕎麦が家の近くでも味わえるといいのにな~。(*^_^*)
2013_0428_0031-b.jpg2013_0428_0036-b.jpg



 鬼無里の里を抜けると峠への上り坂になり、道路標識に「白沢」が登場すると、あのトンネルは直ぐそこです。
 そして、あの赤い鉄の入り口を潜ると、「ド~ン!」と後立山連峰の峰々が・・・。(^O^)/

 運がいいんでしょうね。
 今年も絶景が目に飛び込んできました。
 トンネルを抜けてアルプスの全景を見ると、五竜岳や唐松辺りに少し雲がかかっていますが期待通りの絶景です。
 また今回も、同じような写真がたくさん・・・。(^_^;)
2013_0428_0048-b.jpg2013_0428_0050-b.jpg2013_0428_0052-b.jpg



 白馬への下り坂は、「アッ!」と言う間のはずなのですが、目の前のアルプスがだんだん大きくなってくるため、見とれてしまって遅々として進みません。(^_^;)
2013_0428_0058-b.jpg



 当初の計画では、白馬に下りた後、青木湖、中綱湖、木崎湖の湖畔を走り、R31号で長野へ戻る計画でしたが、八王子で友人をピックアップするためには、あと2時間ほどで向かわなければいけません。
 そこで、信濃の最後は、小熊黒沢林道で〆ることになりました。(^_^)v
 
 コースは、サンアルピナ鹿島槍スキー場から鹿島槍スポーツビレッジを経由して木崎湖キャンプ場へ下るコースです。
 自ら提案したとはいえ、鹿島槍スキー場の坂道が脚の余力を奪います。
 鹿島槍スポーツビレッジに到着した時は、ヘロヘロ状態でしたが青空に映える鹿島槍ヶ岳を見た瞬間に疲れを忘れました。(^_^)v
2013_0428_0066-b.jpg2013_0428_0067-b.jpg



 ここからは、鹿島槍ヶ岳を正面に見ながら、ゆったり気分で進みます。
 去年は、雲の中に姿が見え隠れしていた頂でしたが、今回は青空の中にくっきりと見ることができます。
 こんな道を走れるなんて、なんと幸せなんでしょう。(^_^)v
2013_0428_0071-b.jpg



 北アルプスを背にするようになって、景色がなくなったな~と思っていると、木崎湖の絶景ポイントが現れます。
 一切の疲れが吹っ飛ぶ瞬間です。(^O^)/
 伴走してくれた友人も、白沢峠に続く絶景に大興奮です。
 
 ハングライダーのフライト地点ですから、こんないいお天気の日は、さぞ賑わっているのだろうと思っていたのですが、予想に反して人っ子一人いません。
 木崎湖を独り占めした気分です。(*^_^*)

 いつまでも見飽きない景色ですが、そろそろ松本へ向かわなければいけません。
 ここで、2日間の信濃ポタの終了です。
 キャンプ場への下りは、自転車を車に積んで、車窓から林道と北アルプスを楽しみました。
2013_0428_0077-b.jpg2013_0428_0079-b.jpg



 中央高速には安曇野ICから乗りますが、そこまでの道中もルームミラーやバックミラーにずっと北アルプスの白い頂が写っていて、興奮が治まりません。(^O^)/

 途中、道の駅「安曇野松川」でソフトクリームを食べに寄ったところ、ソースカツ丼の張り紙が目に留まり、気が付くと食券を握り締めていました。(^_^;)
 道の駅の食堂ですから、大した期待はしていませんでしたが、大満足の味でした。(^_^)/
 
 お土産コーナーで、買いたい衝動に駆られたのが「穂高ビール」です。
 ビールの名前に惹かれました。
 ここは何とか、理性が勝り、無駄な出費を抑えることができましたが・・・。(^_^;)
2013_0428_0085-b.jpg



 中央高速を走っていても、見えるのは白い頂を見せる山ばかり・・・。
 こんなところに住みたいな~。
 多分、たまに訪ねるから、雪も美しく見えるのでしょうね。
 「また来るね!」と山々に語りかけて、中央高速の渋滞の人となりました。(^_^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。