2012.07.30 箱根旧道
 2年ほど前から「体重が70kgを切ったなら、箱根に挑戦!」と考えていました。

 しかし、体重の方は、70kgを切ったと思うと翌日には70kgに戻るの繰り返しで・・・。(^_^;)
 「こんなことでは、いけない!」と、3週間ほど前から朝食の米飯を納豆に変え、昼食を野菜サラダにしてみました。
 すると、思った以上の効果があり、あっさりと目標を達成!
 絶好調だった二十歳代の68kg台になりました。
 ただ、当時の筋肉は、脂肪に代わってしまっていますが・・・。(^_^;)

 リバウンドする前に、箱根を登っておかなければ・・・。
 朝の4時15分に自宅を出て、最寄りのコンビニで携行食の購入です。
2012_0729_0001-b.jpg



 輪行も考えたのですが、自宅からは往復で150km・・・。
 何とか可能な範囲なので、自宅から自走することにしました。(^_^)v
 ただ、箱根の斜度がどれほどのものか分からないので、脚に負担をかけないよう、あくまでもゆっくりと・・・。
 
 ただただ、R1で「箱根」の標識を目指して進みます。
 「732号線 畑宿」の標識が見えたところで、ずっと走ってきたR1とお別れです。
 ここに架かる橋が自転車乗りにとって有名な三枚橋で、このコースにおけるTTのスタートポイントなんだそうです。
 もちろん、TTなんてしませんが・・・。(^_^;)
2012_0729_0006-b.jpg2012_0729_0007-b.jpg



 スタートして直ぐに、美ヶ原を思わせる坂道が登場します。
 しかし、ここの坂道は長く続かず、「ホッ!」としました。
 
 個人的に、一番辛かったのは、中間点くらいにあった大天狗山神社の鳥居前のカーブです。
 ここで斜度が急に強くなります。
 坂道をずっと上ってきて、脚に疲れが出始めた頃の最初の急坂だったので、脚がプルプルとなりました。(^_^;)
2012_0729_0013-b.jpg



 今回の箱根旧道コースでは、2回足を降ろしました。
 その1回が写真の畑宿のバス停のところにある「箱根旧街道一里塚」の看板のところです。
 趣のある風情に、水分補給を兼ねての寄り道です。(*^_^*)
2012_0729_0014-b.jpg



 再スタートして、九十九折れの坂道を上り、直線の坂道を登りきった先に「氷」の幟が風に揺れていました。
 目的にしていた「甘酒茶屋」さんです。
 8時前なので、「まだ空いていないのでは・・・?」と不安になりましたが、もう既にお客さんが何組か入っておられました。
 お店の名前通り、甘酒をお願いし、その受けには、きな粉餅の「うぐいす」をいただきました。(*^_^*)
2012_0729_0018-b.jpg2012_0729_0019-b.jpg



 2度目に足を降ろしたのが、この箱根旧街道の入口です。
 せっかくなので、写真に収めないと・・・。

 ここから少し上ると、このコースの最高地点で、後は芦ノ湖の遊覧船乗り場まで快適な下り坂です。(^_^)/
 ただ、この日の芦ノ湖は、ガスが立ち込めていて陽射しがなく、汗が一気に引きました。
 半袖、短パンでは、肌寒い芦ノ湖でした。(^_^;)
2012_0729_0020-b.jpg2012_0729_0022-b.jpg



 ここからは、芦ノ湖湖畔を走ります。
 途中、箱根神社の鳥居を上から眺め、「山のホテル」さんの素晴らしい庭を見ながら携行食を口にし、「龍宮殿本館」さんの前を右折して大涌谷を目指しました。
 後で知ったのですが、箱根神社の水中に立つ鳥居は、パワースポットとして有名なんだそうです。
 知っていれば、間近で写真を撮ったのに・・・。(^_^;)
2012_0729_0026-b.jpg



 大涌谷への坂道は、意外にスイスイと進みました。
 その理由は、引き足を使う感覚を何となく体得できたからだと思います。
 いつもならば、太股の前側の筋肉が直ぐに悲鳴を上げるのですが、長時間使えるという太股の裏の筋肉を使うことができたのでしょう。
 快調にペダルが回りました。
 ただ、一番軽いギアでですが・・・。(^_^;)

 本日の最高地点の大涌谷も、芦ノ湖同様ガスの中です。
 思い描いていた大迫力の風景は、残念ながら見ることができませんでした。

 「景色も見られないのでは・・・。」と、思っているところに「黒ソフト」の幟が目に入りました。
 有名な「黒たまご」に因んで作ったソフトクリームなんでしょう。
 見た目は凄いですが、味は普通のバニラ味でした。
 不思議~・・・。(*^_^*)
2012_0729_0030-b.jpg2012_0729_0033-b.jpg



 大涌谷からは、ただただ下るだけで、アッと言う間に、小湧園、宮ノ下を過ぎ、箱根湯本に到着です。
 芦ノ湖や大涌谷では、寒いと感じていたのですが、下に来るほど暑くなり、大平台まで来ると、一転してムッとするくらいの熱気です。(^_^;)
 
 箱根湯本では、早川にかかる雰囲気のいい橋が見えたので寄ってみると、その脇に、これも雰囲気のよさそうなお蕎麦屋さんが・・・。
 「はつ花」さんというお蕎麦屋さんで、自然薯のお蕎麦が有名なのだそうです。
 食事には、少し早いのですが、せっかくなのでお世話になりました。(^_^)/
 お願いしたのは、「貞女そば」です。
2012_0729_0038-b.jpg2012_0729_0039-b.jpg



 この後は、小田原からR1、R134と真っ直ぐに自宅を目指します。
 芦ノ湖の寒さが恋しいくらいで、逗子海岸まで戻ってきた頃は、暑さで蕩けそうになりました。
 自転車に乗ったまま、海に飛び込みたいくらいです。(^_^;)
2012_0729_0043-b.jpg


 
 今回、念願だった箱根を無事に走ることができて、とっても満足しています。
 次は、ヤビツ峠かな・・・?
 もちろん、草津の白根山や野麦峠、富士山一周、富士五湖巡りにも・・・。
 行きたいところがいっぱいで、優先順位付けで悩みそうです。(^_^)/

 走行距離:150km
 累積標高:1623m
2012.07.22 横浜ポタ
 この週末、土曜日は午前中雨で午後から曇り・・・、日曜日は終日曇りの天気予報でした。
 自転車に乗るのであれば、日曜日がいいようです。

 それでは・・・と、土曜日は家内の下僕と化して、家の用事を片づけることに・・・。
 自転車で飛び跳ねるためには、こんな天気の日こそ、ポイントを稼いでおかないと・・・。(^_^)/ 

 しかし、日曜の朝、どこへ行こうかな~と思案しながら、何気なく窓を開けてみると「ガ~ン!」
 想像もしていなかった雨が・・・。
 「このままでは、今日も家内のポイント稼ぎか~・・・。」(-_-;)
  
 午前の終わり頃、雨が止んだところで家を飛び出しましたが、曇天では気分も今一です。(^_^)/
 これでは、湘南の海岸へ行っても気分が乗らないだろう・・・と、今日の行き先は横浜にしました。
 海も空も鉛色ではね~。
2012_0722_0001-b.jpg



 勢いで家を出てきましたが、お昼御飯を食べるのを忘れていました。
 「それじゃ、どこでお昼にしようかな~。」、「久しぶりに中華にするか~・・・。」
 とりあえず、最初の目的地を中華街に設定しました。

 ところが、元町に寄り道していると、「霧笛楼」さんの看板が目に入りました。
 そうなると、お昼は「Cafe Next-Door(カフェ ネクスト・ドア)」さんのフレンチカレーでしょう。(*^_^*)
 1時を過ぎているので、お店は一杯かな~と思って覗いてみると、天気が悪いせいでしょうか、それともランチ客も一回りしたのでしょうか・・・。
 店内はガラガラです。
 余程、お客さんが少ないのでしょう。
 いつもだと、2人席のテーブルへ案内されるのですが、今日は4人掛けのテーブルに案内されました。
2012_0722_0005-b.jpg2012_0722_0002-b.jpg



 お願いしたのは、もちろんフランス・カレー。(^_^)/
 今日のカレーは、「牛蒡の炊き込みご飯」で、ご飯の上に牛蒡を細く切って揚げたものが乗っていました。
 ジャガイモのスープは、いつものとおりです。
 
 ただ、残念だったのは、デザートに・・・と考えていた「霧笛楼」さんの名前を冠された「プリン ア・ラ・”MUTEKIROU”」がもうメニューに乗っていなかったことです。
 「今後も、メニューに載せる予定はありません。」とのことなので、記憶の中の一品になってしまいました。
 美味しかったのにな~・・・。
2012_0722_0003-b.jpg2012_0722_0004-b.jpg



 「プリン ア・ラ・”MUTEKIROU”」と再会できなかった失意を抱えつつ、「Cafe Next-Door(カフェ ネクスト・ドア)」さんを後にして、デザート探しの旅へ・・・。
 お店を思案するために山下公園で一休みです。
 やはり、ここもお天気のせいなのでしょう。
 いつもならば、取り合いとなるベンチが所々空いていました。(*^_^*)
2012_0722_0007-b_20120722202705.jpg



 カレーをいただいた満足感もあったのでしょう。
 ベンチで30分ほど、ウトウトしていたようです。
 少し休んだおかげで、デザート用の別腹が動き始めました。
 「さて、何にしよう。」

 今日は、肌寒いのでかき氷やアイス系を外し、ケーキのお店から選ぶことに・・・。
 そこで、思い付いたのが伊勢佐木町の「浜志まん」さん。

 伊勢佐木町へは、ベイスターズ通りを通ります。
 以前、次男坊がベイスターズのファンで、よくここを通りました。
2012_0722_0009-b.jpg


 イセザキモール5丁目の「浜志まん」さんも、お客さんが少ないようで、ショウウィンドウには、お目当ての「ミニボストン」がたくさん並んでいました。(^_^)/
 おかげで、ゆっくりとケーキをいただくことができました。(^_^)/
 
 意外だったのは、その間にケーキを5人の方が求めに来られたのですが、全員が男性の1人客だったことです。
 結構、スイーツ好きの男性が多いようです。(*^_^*)
2012_0722_0011-b.jpg2012_0722_0012-b.jpg



 伊勢佐木町に来たならば、絶対に寄らないといけない場所があります。
 それは、イセザキモール4丁目にある、「伊勢佐木町ブルース歌碑」です。
 碑のスイッチを押して「伊勢佐木町ブルース」を1人で聞いている姿が、通行されている人にどう見えるか想像したくありませんが、伊勢佐木町に来たからには、これを聞かないことには帰れません。(^_^;)

 今日は、少し気温が低かったようですが、自転車にとっては最適な日和でした。
 おまけに、お天気のおかげで観光客の方も少なく、ゆっくりとした横浜を満喫できました。
 いつも、こうだといいのだけど・・・。
 明日から、また暑さが戻るようですが、負けずに頑張るぞ! (^O^)/
2012_0722_0015-b.jpg

2012.07.16 東京湾一周
 「今年は、まだ東京湾一周をしていないぞ!」
 毎年、4月か5月恒例行事にしていたのに・・・。(^_^;)

 当初、この3連休は、雨交じりの曇りと予報されていたので、オーダー中の自転車のパーツ探しと今年行きたいと思っている山の下調べをするつもりでした。
 ただ、土曜日は、家内から子供たちとの買い物を命じられており、昨日の決行となりました。(^_^)/

 午前2時に自宅を出発し、前回とは逆の時計回りで東京湾を一周します。
 まずは、家を出てすぐの夕照橋で記念撮影です。
2012_0715_0002-b.jpg



 中華街や桜木町を通過しましたが、さすがに、まだ真っ暗で、新橋辺りで空が白みがかってきました。
 どこも、まだ夢の中です。
 走っているときは、あまり感じませんでしたが、凄く強い南風が吹いているようです。
 どうりで、いつもよりペダルが軽かったんだ・・・。(^_^;)
 おかげで、予定よりも30分早く銀座に到着しました。
2012_0715_0004-b.jpg2012_0715_0008-b.jpg



 銀座を後にして、湾岸で千葉を目指す途中、勝鬨橋の袂の隅田川テラスで、携行してきたウィダーインゼリーやSOYJOYを食べながら休憩です。
 朝の静かな川面を通る、涼しい風が火照った身体を休めてくれました。(^_^)v 
 ただ、上空の雲の流れは、台風並みに早いです。
 あの風が向かい風だったら・・・と思うと、不安になります。
2012_0715_0013-b.jpg



 いつもは、まったく気にしない東京ディズニーランドですが、今日は時間が早かったこともあって、ディズニーリゾート界隈をブラブラすることに・・・。
 きっと、一生縁のないであろうヒルトンホテルなどをカメラに収めました。(*^_^*)
 
 それにしても、ディズニーランドは、凄い人気です。
 まだ、6時だというのに車がドンドンとゲートに吸い込まれていきます。
 連休だし、今日はディズニーランドもディズニーシーも満員なんだろうな~・・・。(*^_^*) 
2012_0715_0016-b.jpg2012_0715_0018-b.jpg2012_0715_0019-b.jpg



 舞浜からは、淡々と湾岸を走り幕張へ。
 追い風がいつしか横風になり、幕張辺りからは、完全な向かい風に・・・。
 下り坂でも押し戻される感じで、平地を走っている感覚は、坂道を上っているような気分です。(-_-;)

 マリンスタジアムに寄るつもりはなかったのですが、駐車場入口の車の行列を見て、寄ってみました。
 「何があるのだろう~?」と近づいてみると、高校野球の千葉大会が開催されるようです。 
2012_0715_0024-b.jpg



 マリンスタジアムを出た後は、何処までも続くコンビナートの直線道路を黙々と走ります。
 ただ、完全向かい風となった中を走るのは、苦痛以外の何物でもありません。(-_-;)

 風に立ち向かえたのは、「山清さんの穴子丼を食べるぞ!」という、強い意志だけです。
 「山清」さんに到着した頃は、足が売り切れ状態でした。(^_^;)

 しかし、いつ見ても「山清」さんの穴子は大きいな~。(^_^)/
 疲れているので、胃が受け付けないかも・・・と思っていましたが、ペロッといただきました。(^_^;)
2012_0715_0028-b.jpg2012_0715_0027-b.jpg



 ここまで来たら、富津岬にも寄らないと・・・。(*^_^*)
 所々に青空が見えるのですが、全体的には曇り空で、対岸の観音崎や猿島は、薄っすらとしか見えません。
 
 展望台に上って驚いたのは、富津公園の松が枯れていることです。
 緑色の富津公園をを想像していたのに、目に飛び込んできたのは錆び色の風景でした。(-_-;)
 いったい、どうなってしまったのか・・・? 
2012_0715_0030-b.jpg2012_0715_0029-b.jpg



 富津からは、大貫、佐貫町、上総湊、竹岡と内房線沿いを通って金谷のフェリー乗り場を目指します。
 佐貫町の田園風景は、いつ見ても長閑なものです。
 向かい風さえなければ、ゆっくり休んでいくところなのですが・・・。(^_^;)

 金谷のフェリー乗り場に到着すると、フェリーが正に出港しようとするところでした。
 車の乗船を誘導する方に「乗れますか?」聞くと、「自転車は持っていてあげるから、急いで乗船券を買ってきてください。」とのこと・・・。
 何とかギリギリセーフで、14時20分発の便に乗ることができました。(^_^)/

 東京湾フェリーと言えば、アイスクリーム(バニラ)です。
 これだけは外せません。(*^_^*)
2012_0715_0032-b.jpg



 久里浜から自宅までは、あの憎っくき南風が味方になってくれ、疲れている割には軽快に走ることができました。(^_^)/
 ただ、日差しが強く、肌がジリジリと焼けていくのが分かります。
 
 帰宅後、服を脱いでびっくり!
 身体には、ジャージとパンツの跡がくっきりと・・・。
 海水浴や公衆浴場には、行けない身体になってしまいました。(^_^;)

 走行距離:206km(東京湾フェリー12kmを除く。)
 累積標高:377m
2012.07.08 小田原
 今週末は、雨が降るかどうか・・・微妙なお天気のようです。
 ピンポイント天気予報によると、土曜日は、朝6時に雨が上がり、午後の15時から再度雨で、日曜日は、雨が降らないのは午後の3時間程度とのこと・・・。
 明日、職場の同僚と鎌倉ポタの予定ですが、走れるかどうか・・・。(-_-;)
 
 朝の5時に外を見ると、雨は上がっていて、道路も乾きかけています。
 明日走れないなら、自転車に乗るは今日しか・・・。
 速攻で着替え、「12までには帰ります。」との書置きを残し、家を飛び出しました。(^_^)/
 
 6時前の由比ヶ浜は、サーファー天国です。
2012_0707_0003-b.jpg


 
 とりあえず、片瀬の漁港まで来ましたが、「さて、これから何処へ行こうか~・・・。」と休憩を兼ねて思案します。
 空一面雲で覆われ、爽快感はありませんが、雨さえ降らなければ・・・。

 釣り人が船に乗船するのをボ~ッと眺めながら決めたのは、「西の方・・・。」でした。(^_^;)
2012_0707_0005-b.jpg



 茅ケ崎で折り返そうか、大磯で引き返そうか・・・と、考えているうちに、そうだ久しぶりに小田原に行ってみよう!
 小田原といっても、特に目的のお店があるわけでもなく、1年前に行った小田原城を目指すことにしました。(^_^)/
2012_0707_0011-b.jpg



 ツイッターでやり取りしていただいていた方に自転車のオフ会に誘われ、その時のコースが「鎌倉~小田原」でした。
 あれから1年
 自転車に対する考え方や嗜好が随分変わりました。
 「自転車で自ら坂道を求めて走るなんて・・・。」が、今や「できれば、自転車で標高の高いところへ行って、絶景を楽しみたい。」に変わっています。(^_^;)
 小田原城では、そんな1年をしみじみと振り返っていました。
2012_0707_0013-b.jpg



 途中、2回の雨宿りもありましたが、のんびり休憩をしていたら、もうすぐ9時
 12時に帰ると書置きをしているので、そろそろ帰らないと・・・。

 帰宅時のコースでは、休みもとらず、R1・R134を黙々と東へ進みます。
 それでも、茅ケ崎を通過する頃から、「そろそろお店も開いているだろうし、食事か甘味を・・・。」という考えが頭を過ります。(^_^;)
 そんな時、「埜庵」さんのかき氷が閃き、慌てて針路変更です。
 しかし、「埜庵」さんの開店は11時で、40分ほど待たなくてはならず、仕方なくパス。

 かき氷の代わりにいただいたのが、片瀬の海の家「湘南チェリーボーイ」さんのチャーミー・スノー・アイスです。
 これって、台湾のアイスなんですね。
 とっても、不思議な食感で、とってもgoodでした。(^_^)/
 「埜庵」さんが行列で入れないときは、このアイスで決まりです。(^^)v
2012_0707_0015-b.jpg



 アイスを食べて満足、満足!
 ところが、このまま一気に自宅を目指すつもりだったのですが、鎌倉の由比ヶ浜であのリトル・タイ・ランドの幟を見てしまい、「そういえば、昼食を食べてから帰宅するのもありかな・・・。」と入店です。(^_^;)
 
 「今日は、何を食べようかな~・・・。」
 いろいろなお店を覗いて決めたのは、前回と同じ「甘エビのニンニク炒め」です。(^_^;)
 ただ、今回は、ご飯の代わりに「エビ・トースト」もお願いしました。
 エビばっかりジャン!
2012_0707_0025-b.jpg2012_0707_0024-b.jpg



 お店を出ると、浜では「Rough water Swim」というイベントが行われていました。
 トライアスロンかな~と思って眺めていたのですが、どうやら水泳だけの競技のようです。
 皆さん、苦しそうでもあり、楽しそうでもあります。
 しかし、ゴールする方の顔には、満面の笑みが・・・。

 熱中する事があるって、いいことですね。
 自転車に乗るようになってから、しみじみとそう思うようになりました。(^^)v
2012_0707_0026-b.jpg
 金曜日の仕事帰りに、またまた三崎を回ってきました。(^_^)/
 目的は、先々週の三崎ナイトポタの際、財布に所持金が入っておらず、楽しみにしていたマグロ丼を食べ損ねたリベンジです。(^_^)v
 
 この日は、財布の中身を確認し、仕事終わりと同時に職場を後にしました。
 時間を短縮するため、観音崎や浦賀はパスして、久里浜街道を三崎に向けてまっしぐらです。(^^)v
 到着予想は18時です。
 この時間だと、たくさんのお店も開いているでしょう。

 明るいうちに、長沢を通過できました。
2012_0629_0002-b.jpg



 時間短縮ですから、もちろん松輪や宮川もパスします。
 目的のお店は、城ヶ島の「中村屋」さん。
 18時までに到着すれば、開いているはず・・・。

 頑張ったのですが、城ヶ島に到着したのは、目標時間を5分ほど過ぎていました。
 そして、目的のお店には、シャッターが・・・。
 帰宅後、インターネットで調べてみると、お店の終わりは17時まででした。
 もし、18時に着いていても「中村屋」さんのてんこ盛り丼は、ゲットできていなかったなんて・・・。(-_-;)
 
 城ヶ島には、他に開いているお店もなく、マグロ丼を求めて三崎へ・・・。 
2012_0629_0005-b.jpg



 三崎で最初に訪ねたのは、有名な「くろば亭」さんです。
 しかし、宴会でもやっているのでしょうか、お店の外まで盛り上がった大声が響いています。
 席は開いているようですが、少々入り辛い雰囲気だったので、今日はパス

 平日の夕刻となると、開いているお店も限られます。
 「マグロ丼難民になる前に、お店を探さなきゃ・・・。」
 焦りかけた時、「祭」さんの看板とメニューが目に入りました。
 どんなお店か分かりませんが、今日はこのお店に突撃です。

 食事は「ネギとろ丼」、「炙りトロ丼」と「マグロの漬け丼」の3種類
 居酒屋さんなので、食事の選択肢は少ないのですが、メニューを見ていると全部食べたくなりました。
 
 ダメ元でマスターに「炙りと漬けの両方を食べたいんだけど、半分づつ盛ってもうことはできますか・・・?」とお願いしたところ、「いいですよ。」と明るいお返事 (^o^)/
 「漬けは、ご飯にもタレが付くから、炙りは皿に入れてお出ししましょうか・・・?」という店主の問いには、「面倒でしょうから、両方とも丼に盛ってください。」と答えました。

 これが、漬けと炙りのマグロが5貫づつ乗った「マグロの漬け炙り丼」の誕生した瞬間です。(^_^)/
 う~ん、美味しくって大満足!!
2012_0629_0009-b.jpg2012_0629_0011-b.jpg



 念願のマグロ丼をいただき、本日の目標達成です。
 いいお店と巡り会えて、ハッピーな日となりました。

 その後は、佐島を回り、いつもの葉山、逗子経由で無事帰宅です。
2012_0629_0012-b.jpg



 そして、昨日の土曜日は、夏の気分を味わいたくて、久しぶりに鎌倉辺りをブラブラしようと出かけてきました。
 先日、逗子の海開きの様子が放映されていましたが、海辺は、もうすっかり夏の雰囲気です。
 すでに、多くの海水浴客で賑わっていました。
2012_0630_0001-b.jpg



 鎌倉に到着し、由比ヶ浜の駐車場で暫し休憩しながら、「さて、今日のスイーツは?」

 数日前に、職場で「一花屋」さんの杏仁豆腐が話題になったのを思い出し、「一花屋」さんに決定!
 R134も長谷の道路も凄い渋滞で、車はノロノロとしか進みません。
 しかし、凄いのは、車だけではありません。
 成就院へ向かう道も人・人・人・・・で溢れています。  
 
 人をかき分けて「一花屋」さんへ行ってみると、お店は開いているのですが、「今日は、雑貨販売だけで、カフェはお休みなんです。」と・・・。
 今シーズン初の杏仁豆腐は、来週以降に持ち越しとなりました。(^_^;)

 杏仁豆腐を食べられず、失意のまま江の島へ・・・。
 ODK(おやじ 出会い 公園)で釣り人をボ~ッと眺めながら、スイーツは何にしようかな~・・・。
 小一時間ほど思案していました。(^_^;)
2012_0630_0007-b.jpg



 「埜庵」さんか、「The Market SE1 (ザ・マーケット・エスイーワン)」さんか・・・。
 迷った挙句、すぐに口に入れたかったので、片瀬の「SE1」さんに軍配が上がりました。(^_^)/

 今日、いただいたジェラートは、かぼちゃとチョコのダブルで、かぼちゃは、地元鵠沼で採れた「くげぬまかぼちゃ」だそうです。
 このかぼちゃは、小さいほど高い値が付くかぼちゃで、ジェラートに適しているのは2週間ほどしかないんですって・・・。
 貴重なジェラートをいただきました。(^_^)v
2012_0630_0008-b.jpg



 さすがに、ジェラートだけでは満足できません。
 帰りに鎌倉の「クレープリー・アルモリック」さんのクレープをいただくつもりです。
 
 ところが、背中を押す強い風に足がよく回り、調子に乗ってペダルを漕いでいたら、「クレープリー・アルモリック」さんは、とっくに通り過ぎ、気が付いたのは飯島トンネルでした。(^_^;)
 坂道を駆け上がっていたので、引き返すのも悔しく、今日のスイーツは逗子の「サンルイ島」さんでいただくことに・・・。

 今日は、サワーチェリーのタルトです。
 「サンルイ島」さんのケーキは、疲れた体を見た目と味で癒してくれます。(^_^)v
 ただ、逗子の「サンルイ島」さんのイートインは、飲み物持参であることと、テーブルがお店の前にあって、通る方にジロジロと見られるのが欠点です。
 この時ほど、サングラスが有効な時はありません。
 人の視線がまったく気になりません。(^_^;)
 
 やっぱりスイーツはいいものですね。
 ポッコリお腹を改造しようとダイエット中なのですが、スイーツとだけは縁を切れそうにありません。(*^_^*)
2012_0630_0009-b.jpg2012_0630_0010-b.jpg