上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「トンネルを抜けると、北アルプスだった!」

 今回、twitterでお友達にしていただいている「aiz650」さんのHPを拝見して、どうしても行ってみたかった白沢峠(嶺方峠)に行くことができました。(^O^)/

 前日の12日(土)は、小淵沢を起点に八ヶ岳を周遊し、高速のPAで時間を調整しながら5時に長野大通りにあるパーキングに車を停めました。
 身支度を整えて、ポタリングをスタートしたのは、6時ちょうどで、R406号に乗って鬼無里(きなさ)を目指します。
 
 善光寺の前から5分も走ると、都会とは無縁と思える、自然たっぷりの世界に突入です。(^O^)/
 裾花川に沿って、緩やかな坂道をマイペースで上っていくとダムに到着
 気温は低かったのですが、さすがに5枚も重ね着すると、汗が滲みます。
 体温調整で、上着を脱いでいると、ダムの職員の方が声をかけてくださいました。

 暫し、自転車のことや、今日向かう峠のことなどを話していると、「平日にしか一般に公開しないのだけど、ダムの中に入らないと見れない風景があるから・・・。」と、敷地内に招き入れてくださいました。(^^)v
 木々の緑と青い水の中に浮かぶ赤い裾花大橋がアクセントのいい風景です。(^O^)/
2012_0513_0014-b.jpg



 道は緩やかな上りが続きます。
 傾斜は緩やかですが、先の道が読めないので、敢えてここはマイペースで・・・。

 パーキングを出発したころの気温は3℃でしたが、あれから1時間ほどで6℃まで上昇
 ペダルを漕いで体も温まり、ちょうどいい感じになってきました。(*^_^*)
2012_0513_0027-b.jpg



 「やった~!」
 鬼無里に入るトンネルを抜けると、里の風景が目の前に広がるとともに、遠くに白い頂が!
 双耳峰の鹿島槍ヶ岳に武田菱の五竜岳、その隣に見えているのは唐松か・・・。

 アルプスを眺めるには、絶好の日和です。
 青空に白い頂が眩しく映り、ワクワク感が止まりません。(^O^)/
2012_0513_0029-b.jpg


 
 「雲が出ないうちに峠に行かなくては・・・。」と気持ちが逸りますが、脚が売り切れてはいけないので、あくまでもマイペースで・・・。

 鬼無里の交差点を左折し、白馬方面へ向うと、左側におやきの「いろは堂」さんがありました。
 「ここが、「おやき」の有名なお店なんだ~・・・。」と思いながらも、開店前で名物を一つ逃しました。(^_^;)
2012_0513_0035-b.jpg



 鬼無里を過ぎた辺りから、坂道の傾斜が少しきつくなります。
 それでも、急ぎさえしなければ、大きな負担なく、上ることができる範囲です。
2012_0513_0041-b.jpg



 あとどれくらいのカーブを曲がれば着くのだろう・・・と考え始めたころ、小川村の標識が白馬村に変わり、何度か蛇行を繰り返すと、白馬の文字の下に白沢の文字が・・・。
 「きっと、白沢峠が近いんだ!」

 「あと10回カーブを曲がると峠ということに・・・。」と勝手に峠までの道のりを設定したその時、何度もインターネットで見た赤いトンネルが視界に入ってきました。
 「ヤッタ~! 白沢峠だ! あのトンネルの向こうに絶景が・・・。」と思うと、ペダルを漕ぐ脚に力が入ります。
 
 暗いトンネルに突入すると、突然、目の前に白い山肌が飛び込んできました。
 トンネルを抜けると、そこは北アルプスの白い峰々だったのです。
 後は、感動で息が詰まりそうになりながら、無我夢中で写真を撮り続け、おかげで、同じような写真が数十枚・・・。(^_^;)
2012_0513_0047-b.jpg2012_0513_0050-b.jpg2012_0513_0060-b.jpg



 我に返ると、峠に到着してから30分以上が経っていました。
 冷静になって考えると、まだ、行程の1/4しか走っていません。(^_^;)
 
 峠からの風景に見飽きることはありませんが、先もあることなので、峠を後に・・・。
 ところが、絶景は峠だけではありません。
 白馬への下り道でも、正面にずっと後立山連峰が見え隠れし、興奮が止まりません。(^O^)/
2012_0513_0108-b.jpg2012_0513_0111-b.jpg



 白馬まで下ってくると、後立山連峰の山々が更に真近に迫ってきて、迫力満点です。
 ここからは、R148号線に乗って針路を南に取り、大町方面へ・・・。
 この道は、後立山連峰と並行しているので、どうしても横目で北アルプスを見てしまいます。
 見通しのいい平地の一本道ですが、脇見ばかりしているので、あまりスピードが出ません。
 この道を走るには、周囲の景色に見とれないよう注意が必要です。(^_^;) 
2012_0513_0120-b.jpg



 この後、長野への上り返しに備えて、大町までの平坦な道を楽しみます。
 気が付くと、絶景の北アルプスが後方に・・・。
 北アルプスを背にした後は、仁科三湖(青木湖、中綱湖、木崎湖)の登場で、山の雰囲気とはガラッと変わり、今度は爽快な水辺の走りです。(^O^)/

 ここで、たくさんのローディーの方とお会いしました。
 そして、その皆さんが擦れ違う際や追い越しの際に、挨拶をしてくださいます。
 長野の自転車乗りの方は、心に随分ゆとりがあるようです。(^_^;)
2012_0513_0129-b.jpg



 木崎湖を越えたところで、R148号線に別れを告げ、県道31号線で長野を目指します。
 県道31号線に分け入ったばかりの所で再び後立山連峰と対面し、写真をパチパチ・・・。
 爺ヶ岳、鹿島槍、そして五竜岳・・・。
 いつまでも見とれてしまいます。(*^_^*)
2012_0513_0140-b.jpg



 夢のような景色に引き込まれていたのはここまでで、ここからは、目の前にある長~い坂道を上ることに・・・。
 ここの坂道は、白沢峠の九十九折れの坂道とは違い、ほぼ直線の長い坂道が何本も登場します。
 「漕いでいれば、いつかは頂上・・・。」と自分に言い聞かせ、黙々と上っていきますが、ずっと先まで続く坂道が見えているのは心が重いです。(^_^;)
 
 上り返しが終わると、後は長野まで、ずっと下り基調の快適道路です。
 特に、県道33号線と合流するところからは、立派な道路となり、交通量はそこそこあるものの、快適に走ることができました。
 その一方で、疲れも溜ってきていたので、道の駅を発見する度にソフトクリーム休憩です。(^_^;)
2012_0513_0161-b.jpg



 何も考えずに、立派な一本道を下ってきたら、有料道路の看板が・・・。
 「自転車は通れるの・・・?」
 もし、この下り坂を上り返さなければ・・・と思い、一瞬ブルーになりましたが、側道に「軽自動車:20円」の看板を見て安心しました。(*^_^*)

 有料道路を出るとR19号線で、ゴールの長野市は直ぐそこです。(^O^)/

 ここも下り基調の道なので、長野市まで犀川の畔を力むことなく、旅の余韻に浸りながら景色を楽しみます。
 そして、2時半頃にゴールの駐車場に到着!
 
 そのまま、温泉に行こうと思いましたが、無事に帰還した安堵感もあり、空腹感を覚えました。
 まずは、腹ごしらえを・・・と、近くのお蕎麦屋さんに突入です。
 「鴨南蛮せいろ」をいただきました。(^O^)/

 お蕎麦をお腹に納め、一息ついたところで温泉に向かいます。
 お世話になった温泉は、長野IC近くの加賀井温泉で、入浴料300円のかけ流し温泉です。
 温泉の写真を撮りたかったのですが、人が多かったので、以前子供たちと行った時の写真をUPしておきます。
2012_0513_0173-b.jpgCIMG3286-b.jpg



 「さて、これからどうしよう?」
 翌日の月曜日は、休暇をいただいているので、まだ長野辺りを楽しむことができます。
 上高地の釜トンネルを上ろうか・・・、それとも美ヶ原辺りを走ろうか・・・。
 楽しい計画が頭を過りますが、答えを出せないまま、とりあえず、松本を目指すことにしました。
 
 
 家を出てから、家人に連絡を入れていないので、安心させるために電話をしてみると、「相当、疲れているでしょうから、もう無理をせず家に帰ってきてください。」と家内からの帰宅命令をいただきました。(^_^;)
 これからのことも考えて、ここは家内の命令に従うことに・・・。
 もうこれで、長野ともさようならか~・・・と思うと、また、お蕎麦が食べたくなり、国道沿いのお蕎麦屋さんに入店です。
 長野最後のお蕎麦は「鳥南蛮」で、これまでの行程を思い出しながらいただきました。(*^_^*)

 土曜の八ヶ岳、日曜の白沢峠と、とっても濃~い2日間でした。
 どちらも、また訪ねてみたいところです。
 次は、秋にでもなんて・・・。(^O^)/ 

 本日の行程:113.9km、獲得標高:1739m
スポンサーサイト
2012.05.14 八ヶ岳ポタ
 どうしても5月に自転車で行ってみたいところがありました。
 その場所とは、長野県の白沢峠というところです。
 気になるのは、お天気で、ここ1週間、ずっと天気予報と睨めっこし、担保のために14日の月曜日に休暇をいただき、土曜日から3日間で出かけることにしました。
 ただ、山のことですから、それでも絶景を見られる保証はありません。
 白沢峠がダメな場合を想定し、八ヶ岳周遊を代替案に加えました。
 あわよくば、両方とも・・・。(^O^)/

 11日の金曜日、仕事を終えて自宅を10時に出発
 途中のPAやSAでも天気予報と睨めっこです。
 長野市は、土曜日、日曜日とも曇り/晴れの予報ですが、金曜に雨が降っているので、土曜日よりも日曜日がベターと判断し、12日のポタリングは八ヶ岳、白沢峠は翌日の13日に行くことにしました。
  
 八ヶ岳PAで時間調整をし、朝の5時半、「道の駅こぶちさわ」(標高980m)に到着
 食事や身支度をして、6時25分に八ヶ岳ポタのスタートです。(*^_^*)
2012_0512_0003-b.jpg



 まずは、八ヶ岳高原ラインを本日の最低標高680mまで下り、県道17号で原村のペンション村を目指します。
 この道は、鋸岳や南アルプスと並走するコースで、雪を被った頂を眺めながらで気分もルンルンです。(*^_^*)
2012_0512_0019-b.jpg



 原村に着いたのは6時半頃で、ペンション村は、まだ眠りから覚めていませんでした。
 ここから「八ヶ岳美術館」まで、約200mの緩斜面をダラダラと登り、「八ヶ岳美術館前」を右折して、八ヶ岳鉢巻道路を清里へ向かいます。
 
 この道路は林の中を走る道路で、途中には「八ヶ岳牧場」の草の緑が鮮やかな気持ちのいいところです。
 ただ、道路に無数のクラックがあるのが、自転車にはマイナスポイントかな・・・。
2012_0512_0048-b.jpg2012_0512_0059-b.jpg



 気が付くと道路は八ヶ岳高原ラインになっていて、「小淵沢カントリークラブ」のゴルフ場から「県立まきば公園」まで、約300mの上りとなります。
 緩やかな登り坂なんですが、ペダルが重くて力が入りません。
 「徐々に疲労が溜って、疲れも限界かな?」と思い休憩をとることに・・・。
 すると、前輪の空気が半分ほどになっているのに気が付きました。
 スローパンクで空気が徐々に抜けていたようです。
 どうりで、なかなか進まないはずです。(^_^;)
 タイヤのチューブを交換したところで、気を取り直して再スタートです。
 
 「県立まきば公園」では、名物のジャンボバーガーを食べるつもりだったのですが、レストランは12時半からとのことで見送ることに・・・。(-_-;)
 残念がっていると、風で雲が流されて、赤岳と権現岳の頂が顔を見せてくれました。
 そして、反対側には富士山も・・・。(^O^)/

 暫く山を見上げた後、バーガーの代わりにいただいたのが、ベーコンねぎ間串です。
 厚さが1cmほどあるベーコンで、お腹が十分満たされました。(^O^)/
2012_0512_0077-b.jpg2012_0512_0081-b.jpg



 「県立まきば公園」を出て、本日の最高地点(1478m)を過ぎると、後はずっと下り坂です。
 「東沢大橋」と「清里の森」で、お決まりの記念写真を撮り、清里駅前で休憩です。
 ただ、本日の気温はかなり低く、出発時も3℃と寒かったのですが、清里でも動かずにいると、すぐに身体が冷えました。
 特に、手袋を外すと直ぐに手が痺れるくらい冷たくなるほどです。
2012_0512_0084-b.jpg2012_0512_0090-b.jpg


 天気は、だんだん良くなっているようで、清里駅通過時に立ち込めていた雲が少なくなり、青空が広がってきました。
 長沢では、400匹ほどあるという鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいました。 
2012_0512_0098-b.jpg


 
 大門ダムを過ぎたあたりから、「これぞ高原!」というような、気持ちのいい樹林帯になります。
 もうゴールが近くなったころ、いよいよ空腹感が強くなり、お洒落なカフェの出現を待ちましたが、この道の沿線にはないようなので、どこか適当に・・・。

 結局、お蕎麦屋さんにお世話になりました。
 ただ、このお蕎麦屋さんは、茅葺き屋根のあるような和風のお蕎麦屋さんではなく、建物の壁がピンク色でカフェの様なテラスまでありました。(^_^;)
 いただいたのは、かき揚げそばです。
2012_0512_0106-b.jpg2012_0512_0109-b.jpg



 お店を出て2kmも走るとゴールの「道の駅こぶちさわ」です。
 到着後、そば粉で作られた「そばどら」をデザートでいただき、八ヶ岳山麓の牛乳を一気飲みです。
 しかも2本・・・。(^_^;)

 暫く、ポタリングの余韻に浸った後、道の駅にある「延命の湯」で身体をマッサージし、本日の疲れを取りました。
 温泉を出ると、目の前にド~ンと鋸岳の頂きが・・・。(^^)v
2012_0512_0112-b.jpg2012_0512_0115-b.jpg



 この後、車中で爆睡してしまい。
 目が覚めたのは、20時少し前・・・。
 明日の白沢峠に備え、長野へ向けて移動開始です。

 本日の獲得標高1251m
 ルートは、次のとおりです。
2012.05.01 塔ノ岳
 ゴールデンウィークの初日の4月28日(土)、元部下たちに誘われ、丹沢の塔ノ岳を登ってきました。
 前配置中は、誰も相手にしてくれなかった山行きなのに、最近の登山ブームが元職場にも到来しているようで、逆に誘われる立場になりました。(^_^;)

 先日までの2日間は、雨だったものの、当日の天気予報が晴れだったので迷うことなく決行です。(^^)v
 コースは、ヤビツ峠から塔ノ岳の山頂に立ち、大倉尾根で下山するというポピュラーなコースです。

 天気予報とは裏腹に、朝起きると空には厚い雲が・・・。
 渋沢駅からヤビツ峠に向かう道中は、ずっと雲の中で、バスの車窓からは白いガスで景色がまったく見えず、テンションはやや下がり気味です。(-_-;)
 ところが、ヤビツ峠に到着してみると、ガスの向こうに薄っすらと青空が・・・。
 曇りがちだった元部下たちも、いい笑顔になりました。\(^o^)/
2012_0428_0001-b.jpg



 富士見山荘前の登山道に取りかかる頃には、一面に青空が広がり、道路脇に咲く満開の「まめ桜」に一同ルンルン気分です。(*^_^*)
 燦々と降り注ぐ日差しを浴びて、スタート直後から汗が滲み出てくるような陽気の中、まずは二ノ塔を目指します。
2012_0428_0011-b.jpg



 「ガスが立ち込めていて、周りの山が見えないね~。」などと言いながら登っていましたが、視界を遮っていた木々の林を抜けると、目の前に一面の雲海が広がっていました。(^O^)/
 遠くを見渡せる晴天もいいですが、雲海を見降ろすというのも山ならではの光景です。 
 ここからは、ずっと素敵な雲上散歩となりました。(^_^)/

 二ノ塔から三ノ塔へは、一旦少し下って登り返します。
 三ノ塔では、雲海を満喫しながら軽い休憩とストレッチだけで、次の烏尾山を目指します。
2012_0428_0027-b_20120505160246.jpg



 三ノ塔から烏尾山へは、一旦、ド~ンと下って、また登り返します。
 毎度のことですが、ここに橋があればなんて・・・ね。(^_^;)
 11時を少し回った頃に烏尾山に到着
 昼食には少々早いのですが、一行の「お腹空いた~!」の声に、塔ノ岳までお腹が持たないと判断し、烏尾山で昼食タイムです。
2012_0428_0032-b.jpg2012_0428_0050-b.jpg



 昼食後は、行者岳のクサリ場を通り、木橋の架かった崩落地を抜けます。
 ちょうどその時、ヘリコプターのローターの爆音が近付いてきました。
 どこへ行くのだろうと思っていると、政次郎の頭の少し下のところに大勢集まっている登山者の所へ降りるようです。
2012_0428_0079-b.jpg2012_0428_0102-b.jpg


 
 その登山者の中から拡声器でヘリコプターが近づくので離れるように指示され、一旦、崩落地の手前まで戻ると、頭上でヘリコプターがホバリングを開始し、救助隊員が降下してきました。
 ヘリコプターが遠ざかったので、人だかりのところまで登っていくと、一人の男性が人工呼吸を施されていました。
 しかし、横たわった男性は蘇生する気配がないようです。
 二重三重に人が囲っており、人手は必要ないようなので、その場を離れましたが、どうか無事でありますように・・・。 
2012_0428_0101-b.jpg



 重い気分を引きずり、やや無口になりながら、淡々と塔ノ岳を目指します。
大きな出来事に心を奪われていたためか、辛いと思う間もなく塔ノ岳頂上に到着(^_^)/

 ただ、これまで、何度も登ってきた塔ノ岳ですが、こんなにたくさんの登山者を見たのは初めてです。
 特に、若い女性が多いのには、ビックリです。
2012_0428_0130-b.jpg2012_0428_0127-b.jpg



 下りは、バカ尾根と呼ばれる大倉尾根を一気に下ります。
 途中、花立山荘で、かき氷に心が引き付けられましたが、メンバーに先を促されました。(^_^;)
 半分ほど下りたところに、まめ桜が綺麗に咲いている場所があり、記念撮影です。
 この後は、黙々と下り大倉に到着!
 3年ぶりとなる丹沢登山の終了です。

 今回は、初心者もいたことから、心拍数に気を配りながら登ったことと、以前よりも体重が軽くなっていたおかげで、とっても楽な山歩きでした。
 このペースで、今年の秋も「北アルプスへGO!」です。(^_^)v 
2012_0428_0135-b.jpg2012_0428_0136-b.jpg2012_0428_0142-b.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。