2012.01.30 房総一泊
 28日の土曜日と29日の日曜日、泊まりがけで房総半島を自転車で駆け回ってきました。(^O^)/
 集合は、前回の房総ポタと同じく、袖ヶ浦バス停に8時集合で、今回も、横浜からアクアラインバスの利用です。
2012_0128_0001-b_20120303215422.jpg



 集合場所に現れたのは、凄い自転車ばかり・・・。
 中には、自転車のフレームだけで50万円を超える自転車もあります。
 そんな自転車に囲まれた小径の自転車が、2日間の房総の丘陵を一緒に走ることができるのか、スタート前からとっても不安です。
 
 房総といえども、さすがに寒く、皆さん防寒対策ばっちりです。
 おかげで、月光仮面がたくさん・・・。(*^_^*)
2012_0128_0003-b_20120303215502.jpg



 初日は、袖ヶ浦から久留里を経て、房総のど真ん中を房総半島の先端(最南端)へ半島を縦断します。

 房総の道は、車が少なくて、とっても快適です。
 三浦半島の田舎でも、ここまで走り易くはありません。
 激坂は登場しませんでしたが、緩い坂道もボディブローのように疲れが溜ります。  
 当面の楽しみは、昼食です。(*^_^*)

 お昼ごはんは、「sugar solt cafe」さんで、トロトロ豚軟骨の「おっぱい丼」をいただきました。
 この丼の名前は、”お腹いっぱい”を短縮したものなのだそうですが、きっと、おっぱいの形をした見た目から名付けたに違いありません。(^_^;) 
2012_0128_0027-b_20120303215608.jpg



 食後、最初に寄ったのは、道の駅「三芳村」です。
 ここでは、選択肢が3つありました。
 1つは、足湯に浸かること、もう1つは、「bingo」さんの名物ハンバーガーをいただくこと、そして、もう1つは、デザートを物色すること・・・。
 食後、間がなかったので、ハンバーガーは遠慮し、足湯は、靴を脱ぐのが面倒で・・・。
 結局、選んだのは、デザートの物色でした。(^_^;)

 道の駅の中をブラブラし、ソフトクリームかプリンか迷った末、「みよし村の牛乳プリン」をいただきました。(^O^)/
2012_0128_0031-b_20120303215716.jpg



 ポタリング気分は、この辺までで、この後は、ひたすら房総の山の中を走り回ります。
 道は広く、車も少ないので、走り易いのですが、さすが山の中ともなると坂道ばかりで・・・。
 一度に上る高度は、せいぜい50mくらいなのでしょうが、上っては下りの連続で足の筋肉がピクピクと今にも攣りそうでした。(^_^;)
 それでも、連なる森の向こうに海を見渡せる場所があると、気分爽快です。
2012_0128_0032-b_20120303215853.jpg



 ここからは、坂道を下ると、目的地の白浜です。
 白浜では、宿で少し休憩をとった後、野島埼灯台入口にある「みずるめ」さんで、海の幸の天ぷら定食をいただきました。
 夕食から宿に戻ると、帰りに買ってきた「ハマグリ」や「サザエ」、それに「くじらのたれ」で慣れない日本酒をいただき、すぐにいい気分になりました。
 房総の海の幸をいただき、とっても幸せです。(*^_^*)
2012_0128_0034-b_20120303215929.jpg



 翌日は、白浜から鴨川まで海岸線を北上し、清澄養老ラインを上って七里川温泉に浸かり、亀山湖までの道程です。
 海岸線を走るのは、とっても気持ちがいいのですが、9mの向かい風に体力が奪われます。(-_-;) 
 漕いでも漕いでも、強い北風に押し返されているようで、体力の限界をヒシヒシと感じます。
 モチベーションを保ってくれたのは、御褒美のデザートだけ・・・。
2012_0129_0009-b_20120303220104.jpg



 個人的には、本日一番の楽しみだったのが「EBIYA.CAFE」さんです。
 昼食に、カレーうどんをいただき、デザートは、イチゴとはちみつのシフォンケーキをいただきました。
 イチゴが乗ると、ケーキがとっても華やかになります。
 シフォンケーキを囲むイチゴの鮮やかな赤い色が何ともいいですね。(*^_^*)
2012_0129_0018-b_20120303220150.jpg2012_0129_0019-b_20120303220207.jpg



 ここからは、今回最大の坂道が待っていましたが、何とか足を付くことなく越えることができました。
 ただ、それ以降の坂道では力がまったく入らず、なだらかな坂道にも苦戦する始末です。
 挙句の果てに、下り坂でもペダルを漕ぐ足に力が入りません。
 救いだったのは、心が晴れるような青空が広がっていたことです。(^O^)/
2012_0129_0032-b_20120303220359.jpg



 七里川温泉で身体を温め、ゴールの上総亀山駅に着いたのは、午後の3時半頃・・・。
 ここで、無事に2日間の房総ポタリングの全行程を終え、後は、上総亀山から木更津まで久留里線に乗り、そこからアクアラインバスで横浜に戻ります。(^O^)/
2012_0129_0045-b_20120303220450.jpg



 横浜には、6時少し過ぎに到着
 自宅まで自走で帰るのですが、その前に空腹を埋めるため中華街をブラブラ・・・。
 いつもどおり、「富貴包子楼」さんの「欲張り串」をいただこうと思っていたのですが、寒さを吹き飛ばすためには、暖かい麺がいいかな~・・・と、「京華楼」さんに入り、牛筋肉の刀削麺をいただきました。。(^O^)/
 坦々麺よりも一段辛さのない麺を選んだのですが、それでも汗が吹き出すほどHOTになり、身体に火照りを感じたまま帰宅することができました。
2012_0129_0048-b_20120303220603.jpg2012_0129_0047-b_20120303220617.jpg


 
 さすがに、身体の疲れは、残っていますが、心のストレスはまったくありません。
 とっても充実した2日間を過ごすことができました。
 まだまだ当分の間は、ポタリング熱が冷めそうにありません。
 もちろん、スイーツあってのことですが・・・。(*^_^*) 
 新年は、ずっと天気が良く、自転車通勤をしているものの、片道5km弱の距離では、体力は落ちるばかり・・・。
 昨日は、自転車の部品交換や清掃で、乗る時間がなく、日曜日の今日、交換した部品の確認を兼ねたポタリングです。(^O^)/

 ご褒美がないと遠くへ行けないので、今日は、家を出る前から、行き先は鵠沼の「埜庵」さんに決めていました。(*^_^*)
 最初の休憩は、いつもの逗子マリーナです。
 ここにいる間は、イーグルスの「♪ホテル・カリフォルニア」のフレーズが頭の中を巡っています。(*^_^*)

2012_0115_0002-b_20120303220921.jpg



 江の島の片瀬海岸では、お神輿が4基と、それを囲む人垣が・・・。
 何かの神事が行われるようです。
 帰宅後に調べてみると、毎年恒例の寒中錬成神輿という、江島神社の神事で、神輿を担いで海に入り、新成人とその無事を祈願するものでした。
 この寒空に、海に入るのは、相当精神を集中して気合を入れないと、耐えられないでしょうね。
 見ている方も身体が震えました。(^_^;)

2012_0115_0004-b_20120303221002.jpg



 身体が震えた後ですが、かき氷は別物です。
 当初の目的どおり、「埜庵」さん行きは決行です。(^_^;)

 去年は、お世話にならなかったので、1年以上ぶりの「埜庵」さんの氷です。
 お願いしたのは、Wイチゴミルク。
 練乳がかかった氷の中には、果実のイチゴが入っており、イチゴ果汁のシロップをかけていただきます。(^^)v

 2階の部屋に上がると、「大江戸じてんしゃ三昧」という自転車のイベントを主催されている方にバッタリ・・・。
 日本どころか、スイスなど海外まで自転車で行かれる方なので、鎌倉なんて散歩コースなんでしょうね。
 今日、この辺りを走っておられているのは、ツイッターで知っていたのですが、まだ鎌倉周辺だと思っていたのでビックリです。(^O^)/

2012_0115_0008-b_20120303221050.jpg



 ポタリングの一番最初に、デザートをいただきましたが、次に考えるのは昼食です。
 「そうだ、今日は、久しぶりにタイ料理をいただこう~・・・!」と、鎌倉の「バーンウエンター」さんへ・・・。
 途中、江の島の信号を待っているときに、小田急江ノ島駅が目に入り、ここも、数年前に行っただけなので、久しぶりに写真を・・・。(*^_^*)

2012_0115_0010-b_20120303221136.jpg



 「バーンウエンター」さんは、鶴岡八幡宮に向かって右へ鎌倉街道を300mほど行ったところにあります。
 江の島からは、海沿いの道もいいのですが、向かい風が強かったので、エスケープコースとして、江ノ電沿いに極楽寺の前を通るコースにしました。
 極楽寺前の坂を超えた成就院では、父として受験生の息子のために、合格祈願のお願をしておきました。
 「試験勉強の成果が出ますように・・・。」<(_ _)>

2012_0115_0012-b_20120303221306.jpg



 「バーンウエンター」さんの前まで行くと、シャッターが閉まっていて、そこには「お休み」の張り紙が・・・。(-_-;)
 今日の鎌倉も人出が多く、お昼時と合間って食事処は、どこもいっぱいのようです。
 「鎌倉での昼食は、諦めよう。」と思った時、六地蔵交差点近くにある焼きカレーの「マニベ」さんが脳裏に浮かびました。
 「マニベ」さんなら何とか入れるのでは・・・。

 あまり行っていないのに言うのもなんですが、「マニベ」さんのカレーは、いつ食べても美味しいです。
 写真では見えませんが、チーズの下には、エビやホタテや豚の角煮などの具がゴロゴロしています。(^O^)/

2012_0115_0013-b_20120303221422.jpg



 食後は、湘南国際村辺りの坂道を上り、少し体力練成を・・・と考えていたのですが、お腹が一杯になって、その気も薄れ、逗子の「海神亀」さんで、家人へのお土産に亀焼きの求め、ゆっくり走って帰宅しました。
 やはり、今年もゆっくりポタリングからの脱却は無理のようです。(^_^;)

2012_0115_0014-b_20120303221503.jpg
2012.01.08 三浦ポタ
 友人から「BD-1の部品が余っているのですが、いります?」という連絡があり、二つ返事で、昨日、あの山口百恵さんを生んだ横須賀の不入斗へ受け取りに行きました。
 11時の待ち合わせだったのですが、少し早く着きそうなので、JR横須賀駅横のヴェルニー公園で時間調整です。
 青い空と碧い海が心を晴れ晴れとしてくれます。(^O^)/

2012_0107_0001-b_20120303223442.jpg



 友人の秘密基地で部品を取り付けてもらい、別れたのが12時半。
 お腹が空いていたので、そのまま帰ろうかとも思ったのですが、お天気も良く、せっかく家を出てきたのだから・・・と、三浦半島をぐるっと回ってみることにしました。(^O^)/
 まずは、空腹を埋めるために、走水の「味見食堂」さんへ・・・。
 平成町のうみかぜ公園、馬堀海岸を通り、「味見食堂」さんに到着し、お願いしたのは、いつもの「アナゴ天丼」です。(^^)v

2012_0107_0005-b_20120303223531.jpg2012_0107_0008-b_20120303223548.jpg2012_0107_0009-b_20120303223601.jpg



 お腹を満たし終えたのは、1時を少し回った頃でした。
 三浦半島を一周するスタートとしては、時間が遅いので、一周は無理かもしれませんが、とりあえず南下することにしました。
 時間がないという割には、観音崎京急ホテル裏のボードウォークを通ったり、観音崎灯台まで上ってみたり・・・。(^_^;)

2012_0107_0011-b_20120303223704.jpg2012_0107_0013-b_20120303223719.jpg



 随分、寄り道をしてしまいました。
 しかし、このまま引き返すには、時間が早いし・・・、ということで、先に進み野比海岸か三浦海岸辺りで、行き先を考えることにしました。
 その野比海岸では、どんど焼きの準備が進んでいました。(*^_^*)

2012_0107_0015-b_20120303223827.jpg



 野比海岸の直線を走っていると、ついつい調子がついて、そのまま三浦海岸へ・・・。
 三浦海岸では、ウィンドサーフィンを楽しむ方がいっぱいです。
 その中で目に付いたのが、海岸に干している大量の大根です。
 どうやら、干しているのは、漬物用の大根で、この季節の三浦の風物詩なのだそうです。(^O^)/
 初めて見ました。

2012_0107_0018-b_20120303223908.jpg



 そうこうしているうちに、三叉路の三浦海岸交差点に着きました。
 ここで針路を右にとり、三浦半島コースをショートカットするか、それとも左にとって、半島の先端まで行くのか・・・。
 「やっぱり、ここまで来たら、観音埼灯台と剣埼灯台はセットだよね・・・。」と変な理由付けをして、半島巡りのコースを選択しました。
 これで、日没後の帰宅が決定です。(^_^;)

 前回は、金田漁港で大休憩をとったために、松輪への上り坂で足を着いてしまいました。(^_^;)
 今回は、前回の轍を踏まないようにと、休憩をとりませんでしたが、あれからフロントのチェーンリングを小さいものに交換しているので、心配するほどでもありませんでした。(^^)v

2012_0107_0020-b_20120303224007.jpg

  
 
 剣埼灯台の休憩で、サングラスを取ってみると、もうずいぶん陽が傾いています。
 三浦一周コースとなると、城ヶ島か三崎漁港を外せませんが、食事にはまだ早く、どちらも今日はパス・・・。
 日没は、立石の駐車場で迎えました。
 駐車場に入りきれない車が道路にはみ出すほど、大勢の方がサンセット見物です。(^_^;)

2012_0107_0026-b_20120303224046.jpg



 一瞬、ここから湘南国際村を上ることも考えたのですが、秋谷側からは坂道が急だと聞いていたので、軟弱ですが、今日のところは、逗子経由で戻ることにしました。(^_^;)
 暗くなり、気温もグッと下がってきたので、急いで帰ろうと、漕ぐ足に力が入ります。
 ただ、葉山の「旭屋」さんだけは寄らないと・・・。
 初ポタの際に、空振りに終わった葉山コロッケだけは、どうしても食べたかったのです。(^O^)/

2012_0107_0028-b_20120303224139.jpg


 葉山コロッケをいただいた後、まだ今日はスイーツを食べていないことに気が付きました。
 しかし、この先スイーツのお店は、「LA MAREE DE CHAYA」さんか、同じく日影茶屋系の「パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ」さんですが、どちらも満員で入れず、そのまま帰宅となりました。(^_^;)

 結構頑張ったのに、今日はご褒美なしかと思いましたが、家内が大福を買っていてくれており、締めくくりは自宅カフェとなりました。
 もちろん、スーパーの陳列品ですが・・・。(*^_^*)

2012_0107_0030-b_20120303224220.jpg
 正月の三ヶ日は、暴飲暴食こそしなかったものの、いつも通りの寝正月で、やっと2012年のポタ始めです。(^O^)/

 初ポタの行き先は、いつものコースにしました。
 自宅からR16号を横須賀方面へ下り、逸見から池上十字路経由で湘南国際村の坂道を登ります。
 たった1週間、自転車に乗っていなかっただけなのですが、いつも以上に息絶え絶えでした。
 それに、富士山も見えないし・・・。(-_-;)

2012_0104_0003-b_20120303221842.jpg



 湘南国際村を秋谷へ下った後は、葉山コロッケを求めに「旭屋」さんへ行きましたが、まだお休みのようでした。

 引き続き、逗子の方へ進み、食事か甘味処へ突撃です。(^o^)/
 しかし、「まだお店がお休みだったら・・・。」とか、「開いていても、お客さんでいっぱいだったら・・・。」ということが脳裏を過り、営業していた「日影茶屋」さんで、「あぶずり餅」と「日影大福」を求めておきました。(^_^)v

 甘味を持っていると、やはりすぐに食べたくなります。
 「日影茶屋」さんから、いくらも走っていませんが、逗子の石原慎太郎の碑の前でウィンドサーフィンを見ながら「あぶずり餅」をいただきました。(^_^;)
 「日影大福」は、帰りのエネルギー補給のためにとっておきます。(*^_^*)

2012_0104_0006-b_20120303221925.jpg2012_0104_0008-b_20120303221940.jpg



 ボ~ッと海を眺めていたら、お昼をずいぶん回ってしまいました。
 お餅1つでは、お腹が膨れません。
 そろそろ食事にでも・・・と、小坪の「ゆうき食堂」さんへ行ってみましたが、まだお休みで、次の覗いた「めしやっちゃん」さんは、営業していたものの、すごい行列でパスすることに・・・。

 逗子マリーナの海岸で、「日影大福」をいただきながら、お昼のお店を考えることにします。
 それにしても、今日は風がとっても強い日です。(^_^;)

2012_0104_0009-b_20120303222027.jpg



 お昼に・・・と決めたお店は、鎌倉の「クレープリーアルモリック」さんです。
 大福とお餅を食べているので、少し小腹を埋める程度にしました。
 「クレープリーアルモリック」さんでは、甘~いクレープだけではなく、お腹を満たしてくれるクレープもあるのです。

2012_0104_0012-b_20120303222116.jpg2012_0104_0010-b_20120303222132.jpg



 せっかく鎌倉に来たので、八幡宮さんにお参りしようとしたのですが、小町通りも若宮大路も凄い人出です。
 八幡宮さんの参拝は諦めました。
 とりあえず、段葛の写真だけ・・・。(^_^;)

2012_0104_0013-b_20120303222223.jpg



 ここからは、完全に自転車のお話になりますが、昨年の秋頃から、ロードバイクが欲しくてたまりません。
 事ある度に、自転車屋さん巡りをしています。(*^_^*)

 年末、大阪の実家に帰省した際は、京都の「VIGORE」さんで、クロモリの自転車を見てきました。
 ここ鎌倉には、「VOGUE」というクロモリ自転車を作っている「オリエント工業」さんがあります。
 まだ、お休みかもしれませんが、覗いてみることに・・・。

 写真が「オリエント工業」さんの入口ですが、ここを自転車屋さんだとは、誰も思いませんよね。(^_^;)
 営業しているのかどうかさえ分からず、暫くお店の中を伺っていると、何やら人の気配がするので、ドアを開けてみました。
 中には、ビルダーの高比良さんが居られ、いろいろとクロモリ自転車のお話をしてくださいました。
 お話を聞いているうちに、「貴方に合うサイズのフレームは、こんな感じかな~。」と奥から持ってきてくださったのが赤いフレームの自転車です。

 クロモリバイクを買うのなら、贅沢ですがフルオーダーの「オリエント工業」さんで・・・と、かなり気持ちが傾いています。(^O^)/

2012_0104_0015-b_20120303222313.jpg2012_0104_0014-b_20120303222329.jpg