2011.09.29 槍ヶ岳
 昨夜、月曜の夜から出発していた北アルプスへの山行きから帰宅しました。
 コースは、相も変わらず、槍ヶ岳から穂高岳まで、3000m級の山々8座を回るルートです。
 前回は、連休中の大混雑、その前は、同行者の不調と、このところ、このコースを計画通りに歩いたことがありません。
 それなのに、またしてもアクシデントに見舞われるなんて・・・。(-_-;)

 26日、仕事を終えた後、8時に自宅を出発して、沢渡の駐車場を目指しました。
 霧雨の中の出発でしたが、長野自動車道に入る頃から星空が見え始め、天気予報のとおり晴れの予感です。
 沢渡の駐車場には、午前1時に到着
 グイッと、缶ビールを1本飲んで仮眠し、上高地へは5時半に到着しました。
 歩き始めた頃の河童橋は、まだ朝靄の中でした。
2011_0926_0002-b.jpg


 
 今日も徳沢へ向う途中に見上げる前穂の頂に雲が見当たりません。
 この時は、この後で起こるアクシデントのことなど、欠片も想像していませんでした。
 ルンルン気分の道中です。(^_^;)
2011_0926_0016-b.jpg



 横尾には、8時ちょうどに到着
 平日のためか、それとも、いつもよりスタートが30分早かったせいか、梓川沿いの道を歩く人はまばらで、横尾から槍ヶ岳へ分け入る道に入いると、まったく人に出会いません。
 これも、期待通りのことなのですが、ずっと山道を1人で歩いていると、少し寂しくなります。

 それでも、槍ヶ岳の穂先が見えるとテンションが急上昇です。(^O^)/
 写真は、槍見平からの写真です。
 中央の上に少しだけ槍ヶ岳の頂が見えているのが、分かるでしょうか・・・? 
 この後は、槍沢を目指して、オゾンをたっぷり浴び、渓流の音を聞きながら、沢沿いの道を進みます。
2011_0926_0039-b.jpg



 ほどなく、槍沢ロッジに到着
 ここまで、出会った登山者は、5人ほど・・・。
 「静かな山歩きだな~。」と思っていたところ、槍沢ロッジを過ぎた辺りから、徐々に登山者の姿が目に入ります。
 昨夜、槍沢ロッジに宿泊した方々が槍ヶ岳を目指しているそうです。
2011_0926_0052-b.jpg


 「これだと、山小屋もガラガラというわけにはいかないな~。」なんて思いながら歩いている時でした。
 パコン、パコンという音が聞こえます。
 しかし、後ろを振り返っても、誰もいません。
 ふと、足下を見たところ、なんと右足の登山靴の踵部分の靴底が剥がれています。
 これから、本格的に高度を稼ごうかという時なのに・・・。(-_-;)
 
 それでも、引き返すことは、まったく考えておらず、持参していたロープで応急処置を施し、気持ちを新たにして再スタートです。(^_^)v
 ところが、100mほど歩くと、今度は左足の踵も・・・。(-_-;)
2011_0926_0056-b.jpg


 さすがに両足の靴底が剥がれるなんて・・・。(-_-;)
 明日、明後日と岩場歩きが待っているのに大丈夫かな~・・・?
 少々、不安が過ります。

 とってもブルーな気持ちになりましたが、それでも、再び、槍ヶ岳が見えるようになると、靴のことを忘れ、気持ちが盛り上がります。(^o^)/
2011_0926_0085-b.jpg



 「やった~!」、13時20分に槍ヶ岳山荘に到着
 ただ、「壊れた靴をどうしようか・・・?。」、「この先、どうする・・・?」と、達成感に浸ってばかりいられません。
 ボ~っと剥がれたソールを眺めていると、急にガスが沸き立ち、遠くの穂高の山々がガスに隠れ始めました。
 槍の穂先もガスに覆われそうなので、「とりあえず槍の頂上だけには、登っておこう。」と、ロープでソールを絞め直して槍の岩場に取り付きます。
2011_0926_0090-b.jpg
 
  

 頂上では、1時間ほどのんびりしました。
 穂高方面は、ガスで半分見えませんが、槍ヶ岳の頂上は、遠くに白馬、八ヶ岳や富士山を見渡せる素敵な場所です。
 頂上からの眺めを楽しんでいると、ここまでのドタバタや、登りの疲れがス~・・・と抜けていきました。。(^O^)/
2011_0926_0112-b.jpg2011_0926_0098-b.jpg2011_0926_0109-b.jpg



 小屋に戻った後、靴を補修するため、受付でロープがないか聞いてみたところ、同じようなドジな方が毎年何人かいるそうで、針金とテーピングテープが販売されていました。(^_^;)
 それにしても、残念な状態の靴です。
 右足の裏は、完全に剥がれ、左足も辛うじて土踏まずが付いている程度で、少し力を入れると剥がれていまいそうで、怖くて触れません。(^_^;)

 針金とテープの補修だけで、大キレットや穂高を縦走できるのか・・・?
 先週、穂高の北壁で女性が滑落し、亡くなったばかりです。
 靴底が剥げた靴で大キレットを通り、事故でも起こしたならば、無謀者の誹りを免れないでしょう。
 せっかくここまで来て・・・という思いはありますが、この先の縦走を断念し、明日は、そのまま上高地へ下山することに決めました。(-_-;)
2011_0926_0120-b.jpg



 そうと決めたならば、後の楽しみは、山荘での夕食だけです。
 平日で閑散とした食堂を予想していましたが、小屋は、結構な入りで、こんなに大きな食堂なのに、4回の入れ換え制でした。(^_^;)
 それでも、布団は3枚に2人で、1枚の布団に3人という前回に比べると、天と地の差です。(^O^)/
2011_0926_0142-b.jpg2011_0926_0135-b.jpg



 翌朝、皆さんは、4時頃からゴソゴソと準備されていますが、下山するだけの身には、急ぐ理由もなく、朝食の5時半まで横になってボ~としていました。
 頂上で御来光を迎えたかったのですが、一度靴を補修すると脱ぐことができないので、それも叶わず、御来光はスリッパ履きで小屋の前から迎えることに・・・。
 ところが、槍の影から赤みが見え始め、そろそろ御来光が・・・という時に、突然カメラの電源が入らなくなりました。
 何度も電源スイッチを押したり、電池を入れ直したり・・・。
 とうとう、寒空で待ちに待った御来光は、撮ることができませんでした。(-_-;)
2011_0927_0005-b.jpg



 カメラの電源が入ったのは、食事の時で、何が理由だったのか分かりませんが、とりあえずホッとしました。(^^)v 

 下りは早いのもので、あっという間に殺生の分岐です。
 今回は、自宅を出発する前に靴のチェックを怠ったため、縦走を断念しなければいけなくなりました。
 この悔しい思いを忘れず、戒めとするために、槍ヶ岳をバックに傷だらけの靴を写真に収めておきました。(^_^;)
2011_0927_0036-b.jpg


 
 暫くすると、槍が見えなくなり、天狗原分岐、槍沢の大曲と過ぎ、槍沢ロッジに到着
 靴の方は、テーピングの補強を1度行っただけで、何とか持ち堪えそうです。

 横尾では、十数人の方が早めの昼食をとられていました。
 ここからは、梓川沿いをのんびりと歩きます。
2011_0927_0116-b.jpg



 山では、性別にかかわらず、行き交う方と「こんにちは!」と挨拶を交わします。
 その際、年配の女性は、「二十歳前後の方だったのか・・・?」と間違うばかりのトーンで挨拶を返してくださいます。
 この声のギャップが面白くて、思わず微笑んでしまいます。
 おかげで、挨拶を交わす度に、気分が明るくなり元気になります。(^O^)/
 こんな山の挨拶が日常生活でもあるといいのですが・・・。(*^_^*)
 
 明神で、じっくりと穂高の姿を目に焼き付け、河童橋では、明日、下ってくるはずだった岳沢を眺めながら、「また来るからね。」と穂高に再開を約束して、バスの人となりました。
2011_0927_0140-b.jpg2011_0927_0146-b.jpg



 沢渡の駐車場には、2時前に到着
 いつもは、駐車場近くの沢渡温泉で汗を流して、帰宅の途に就くのですが、今日は時間が早いので白骨温泉の「泡の湯」さんまで足を延ばすことにしました。
 しかし、白骨までは、迂回路を使用しなければならず、迂回路の上り坂に辟易し、途中の乗鞍高原温泉の「湯けむり館」という市営の温泉に・・・。(^_^;)

 期待せずに入った温泉でしたが、内風呂は総木張り、露天は石造り、休憩施設も上高地のホテルのロビーを思わせる雰囲気があって、市営ながらなかなかの施設でした。
 白濁した硫黄の湯に、ついつい長居してしまいました。(^o^)/
 湯あがりは、お決まりのソフトクリームで、今日はコケモモと乗鞍のミルクのミックスソフトです(*^_^*)
2011_0927_0151-b.jpg2011_0927_0152-b.jpg



 身体がホカホカすると空腹を思い出し、たまたま見つけた「合掌」さんというお蕎麦屋さんで、女将さんお勧めの「天玉ぶっかけそば」をいただきました。
 山から下りてきたばかりで、何を食べても美味しく感じたのかもしれませんが、サクサクのてんぷらとお蕎麦がとっても口に合いました。(^^)v
 もう一杯お願いしたいところでしたが、食後はスイーツを・・・と何とか留まりました。(^_^;)
2011_0927_0157-b.jpg


 
 食後のスイーツは、中央高速のレストランでチーズケーキのセットをいただきました。
 しかし、残念ながら今度はカメラの電池切れで・・・。(^_^;)

 今回の山行きも、これまでと同じく、計画通りとはいきませんでしたが、天気に恵まれ爽快な山歩きができました。
 それに、これで、次回の山行きのコースも決定です。
 ただ、次は、いつ山に行けることやら・・・。(^_^;)
 今日は、大江戸じてんしゃ三昧という自転車のサークルのポタリングに参加させていただきました。
 朝、10時にJR逗子駅に集合し、鎌倉のスイーツを巡るという、願ってもないポタリングです。(^O^)/

 しかし、家を出発した直後から、雲行きが怪しくなり、突然の雨・・・。
 「今日は、大丈夫か・・・。」と心配になりましたが、それ以降は、晴れ間が広がり、絶好のポタリング日和となりました。

 第1のスイーツは、逗子の「海神亀」さんの亀焼きです。
 ただ、お店が用意できる数に限りがあり、亀焼きはお預けでした。(^_^;)
2011_0911_0002-b.jpg



 次に訪ねたのは、「日影茶屋」さんの菓子舗です。
 ここでは、大福をぐっと我慢して、次の「マーロウ」さんのプリンにかけました。(*^_^*)
 皆さん、日影茶屋さんで求めた大福を葉山港でいただきます。
 青い海と多い空・・・。
 海原を走るヨットやボートがとても気持ちよさそうでした。(^O^)/
2011_0911_0003-b.jpg



 この後、本日最大の難関の湘南国際村を目指します。
 1人で走ると、ただ辛いだけの上り坂ですが、大勢で上ると辛さも半減です。
 いつもより、楽しく上ることができました。(^^)v

 これまで、湘南国際村センター付近から景色を楽しんでしたのですが、それにも増すポイントがあったんですね。
 相模湾を見渡し、遠く江の島、富士山が見える場所に案内していただきました。
2011_0911_0009-b.jpg



 湘南国際村の坂道を上った御褒美は、「マーロウ」さんのプリンです。
 ただ、ランチタイムと重なったため、店内は満員状態で、プリンは、立石の公園の東屋でいただきました。
 外でいただくプリンもおつなものです。(^O^)/
2011_0911_0016-b.jpg2011_0911_0019-b.jpg



 次は、昼食の海鮮をいただくために、小坪(逗子マリーナ)へ向かいます。
 17人の大所帯なので、1軒のお店には入りきれません。
 「ゆうき食堂」さんと「めしやっちゃん」さんの二手に分かれていただくことに・・・。
 今日は、久しぶりに「ゆうき食堂」さんにお世話になりました。
 いただいたのは、タコとマグロの二色盛り定食です。
 「ゆうき食堂」さんのワイルドさは、未だ健在で、タコは用意されたハサミを使ってセルフ・カットです。(^_^;)
2011_0911_0022-b.jpg



 この後、食後のデザートの杏仁豆腐をいただきに、「一花屋」さんへ向かいました。
 ひょっとすると、満席では・・・と心配しましたが、何とか車座になりながらも全員が入店できました。(^^)v
 しかし、17人に対し、用意できる杏仁豆腐は3つとのこと・・・。
 残念ながら、杏仁豆腐はいただけませんでしたが、ゆったりとした時間の流れる「一花屋」さんで、ここまでの疲れもスーッととれました。
 
 今日のオフ会は、ここで解散となりましたが、「この後、鵠沼の「埜庵」さんのかき氷でも・・・。」とお誘いを受け、喜んで鵠沼へ・・・。
 しかし、夏場の「埜庵」さんの人気は、半端ではありません。
 行列を目の当たりにして、期待のかき氷も、あえなく撃沈です。(^_^;)

 杏仁豆腐とかき氷に振られ、このままでは帰宅できません。
 鎌倉を通過する際に、どうしても甘いものが欲しくなり、「カフェ坂の下」さんに緊急入店です。
 久しぶりのパンケーキに笑みがこぼれました。(*^_^*)
 ただ、写真を撮ってばかりいないで、早く食べないとアイスクリームが・・・。(^_^;)
2011_0911_0024-b.jpg



 材木座海岸を逗子に向かっていると、反対方向にカメラを向けた方が大勢おられました。
 振り返ると、富士山がハッキリ見え、その山影に夕日が沈むところです。
 慌てて、カメラを構えましたが、富士山に沈む夕日をカメラに収めることはできませんでした。
 それでも、一日中雲に隠れていた富士山を見ることができただけでも、ラッキーでした。(^O^)/

 大勢の方と走るポタリングも楽しいものですね。
 自転車の楽しみ方に幅が出てきました。(^_^)v
2011_0911_0027-b.jpg
2011.09.09 鹿児島出張
 UPが遅くなりましたが、昨日、鹿児島出張から帰宅しました。

 昨年と同様、出張途中に土曜、日曜があり、その間は、仕事がなかったので、鹿児島をたっぷり満喫してきました。(^^)v
 金曜日は、仕事が早く終わったので、天文館をブラブラすることに・・・。
 まずは、路面電車に乗って天文館のホテルに向かいます。
2011_0902_0002-b.jpg


 
 ホテルを出て、真っ先に向かったのは、黄熊のあるカフェ「彼女の家」さんです。
 女性だらけの店内ですが、今回は、同僚と一緒なので、躊躇いなく入店することができました。(*^_^*)

 「彼女の家」さんでは、黄熊をお願いするつもりでしたが、同僚が注文したので、おじさん二人が同じ黄熊を食べている姿を想像すると、急に恥ずかしくなり、今日のところはワッフルにしておきました。
2011_0902_0004-b.jpg2011_0902_0007-b.jpg



 夜は、鹿児島地鶏をいただきに、街へ繰り出します。
 お世話になったのは、ホテル近くの「鳥将軍」さんです。
 ホテルのロビーに置いてあった鹿児島ガイドの小冊子で知ったお店です。
 お店で小冊子を提示すると、写真の「薩摩地鶏の炙り焼」がサービスで出てきました。(^^)v
 宮崎といい、鹿児島といい、今回も、夜は地鶏三昧です。(^O^)/
2011_0902_0031-b.jpg2011_0902_0030-b.jpg



 土曜日は、レンタカーを借りて、薩摩半島巡りです。
 まずは、第1の目的地の知覧の特攻平和会館へ・・・。

 昨年は、路線バスで行ったので、帰りのバスの時間が気になって、ゆっくり見て回れませんでしたが、今回は、時間を気にせず、隅々まで見学させていただきました。
 館内には、すでに多くの方が見学中で、遺書を読んですすり泣く女性の声があちこちで聞こえていました。

 「これは、去年も読んだことのある遺書だ・・・。」と思っても、特攻隊員の方の覚悟を決めた遺書は、何回読んでも、涙なしには読むことができません。
 日本のために散ってくださった先人に、改めて感謝いたします。
2011_0903_0001-b.jpg2011_0903_0003-b.jpg



 特攻平和会館を出ると、涙で心は曇っていても、体は正直です。
 随分、お腹が空きました(^_^;)
 お昼は、池田湖のドライブインで黒豚のかつ丼をいただきました。
 付近に食事処がなかったので、急遽、入店したお店でしたが、肉厚が厚く、とっても甘い黒豚に大感激です。
 黒豚、万歳~! (^O^)/
2011_0903_0011-b.jpg



 お腹を満たした後は、指宿温泉へ・・・。
 途中、日本最南端の駅の「西大山駅」をカメラに収めました。
 駅前には、黄色いポストがありました。
 最南端の駅と黄色いポストの関係がよく分かりませんが、とりあえず、記念に一枚・・・。
2011_0903_0025-b.jpg2011_0903_0021-b.jpg



 以前、岩手の湯田温泉で砂風呂に入ったことがありますが、本場指宿の温泉は、今回が初めてです。
 砂蒸し会館「湯楽」というところでお世話になりました。
 砂浜での入浴を期待していたのですが、砂浜で入浴できる時間は、干潮時間によるそうで、この日は時間が合わず、少し海から離れた場所で・・・。(^_^;)
2011_0903_0030-b.jpg2011_0903_0036-b.jpg



 日曜日は、土曜日の曇天が嘘のように晴れてくれたので、霧島と桜島の温泉に出かけました。
 ただ、この日はカメラをホテルに忘れてきてしまったのが残念です。
 
 霧島の温泉の目的地は、「さくらさくら温泉」です。
 この温泉に行った理由は、泥湯があるからでした。
 別府温泉で泥湯に浸かり、以来、すっかり泥湯のファンです。(^O^)/
 ただ、別府の温泉と違い、ここは、温泉全体が泥ではなく、用意してある泥を体に塗るというものでが・・・。
 それでも、硫黄が強く、身体についた硫黄の臭いが翌日になっても消えませんでした。
 
 全身に泥を塗った写真もあるのですが、恥ずかしくてお見せできません。(^_^;)
IMAG0155-b.jpgIMAG0154-b.jpg

 

 桜島では、去年行った湯之平展望所で記念撮影し、「ふるさと温泉ホテル」さんの温泉に入りました。
 この温泉は、錦江湾に面した露天風呂が有名で、海を眺め、潮風で身体の火照りを鎮めながら入浴できます。
 ただ、ここは白い浴衣のようなものを着て入るのですが、混浴なので写真はありません。(^_^;)

 昨年に続き、2年連続の鹿児島でしたが、今年も休日を挟んでの出張だったので、鹿児島を満喫することができました。
 今後も、こんなのんびりした出張が続くといいのですが・・・。(^o^)/