上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 出張中の休日に仕事をした代休をゴールデンウィークの前後にいただくことにしました。(^O^)/
 今朝、出勤し当面の片付けものをすませ、職場を後にしました。
 ただ、やはりゴールデンウィークといっても、所々は出勤しないといけないのですが・・・。(^_^;)

 今週の横浜は、今日を除いて天気は下り坂の予報です。
 そうなると、どこかへ出掛けなくっちゃ~・・・。(^_^;)
 行先は、逗子へ向かう途中に考えることにして、とりあえずお昼前に家を出ました。
 「そうだ、今日はピザにしよう!」と、江の島の「iL CHANTIBEACH」さんを目指すことにしました。
 ところが、生憎の強風で、逗子から鎌倉へ抜ける坂道を駆け抜ける元気がありません。
 エネルギー補給は、急遽、小坪の「めしやっちゃん」さんで取ることに・・・。(^_^;)
 
 迷わずに選んだエネルギーは、海鮮丼です。(^^)v
2011_0426_0003-b.jpg2011_0426_0004-b.jpg


 
 今日は、鎌倉へ寄るつもりはなかったのですが、先日なくしてしまったテールランプを求めて自転車屋さんへ・・・。
 途中、一の鳥居で記念撮影です。
 ひょっとすると、BD-1の写真をここで撮るのは初めてかも・・・。(^^)v
2011_0426_0006-b.jpg



 テールランプを求めた後、久しぶりに鵠沼の「埜庵」さんのかき氷を求めることにしました。
 しかし、風はさらに強くなり、稲村ヶ崎の坂道の途中で「埜庵」さんを断念。
 前回お世話になった、坂の下の「ちえのケーキ」さんの「ミモザのケーキ」に舵を修正しました。(^_^;)

 鎌倉の砂浜では、海水浴に向け、ブルドーザーで砂浜の準備が進んでいます。
2011_0426_0011-b.jpg



 「ちえのケーキ」さんの庭までは、強風も吹き込んできません。
 今日もポカポカのお庭で静かにデザートタイムです。
 「ミモザのケーキ」は、「ちえのケーキ」さんの庭で花を咲かせて楽しませてくれていたミモザの木が枯れ、それをどうしても再現したいという思いからママさんが苦心して作ったものなのだそうです。
 見た目は、本当にミモザの花そのものでした。(^O^)/
 
 フォークを入れる前は、ケーキの中身も写真に撮ろうと思っていたのですが、2種類のクリームがとっても美味しく、写真のことを忘れて食べ進んでしまいました。
 見苦しいですが、食べている途中のミモザのケーキです。(^_^;)  

 帰り際、ショウウィンドウの中に「春のタルト」という新作のケーキを発見しました。
 まだまだ「ちえのケーキ」さんには、通わないといけないようです。(*^_^*)
2011_0426_0019-b.jpg2011_0426_0020-b.jpg2011_0426_0017-b.jpg
スポンサーサイト
2011.04.26 残念!
 サーバーの障害で、過去の記事と皆さんからいただいたコメントがなくなってしまいました。(-_-;)
 コメントをいただいた皆様、大変申し訳ありません。<(_ _)>

 データが消失したことは、とても残念ですが、FC2さんには、これまで随分お世話になりました。
 しかたがないことと諦めます。
 FC2さんの今後の管理がより向上することに期待です。

 出張中の休日に仕事をした代休を連休の前後にいただくことにしました。
 おかげで、かなり長いゴールデンウィークに突入です。
 明日は雨の予報なので、早速、自転車でブラブラしてきます。(^o^)/


 
【追伸】
 上記の記事を登録したところ、消失した最新の記事へのコメントが表示されました。(^o^)/
 知らない人がコメントを読むと、「ム・ム・ム・・・?」となるでしょうが、コメントだけでも復活して良かった~・・・。(*^_^*)



【再追伸】
 消失した前回の写真だけでも、再度UPしておきます。
2011_0421_0008-b.jpg2011_0421_0009-b.jpg2011_0421_0012-b.jpg2011_0421_0013-b.jpg2011_0421_0014-b.jpg
2011.04.19 称名寺の桜
 先週の日曜日、久しぶりに自転車で鎌倉へ・・・と計画していたのですが、土曜日のいいお天気に釣られて散歩に出かけたのがいけませんでした。
 相当量の花粉を浴びたらしく、日曜日は鼻が詰まって呼吸困難となり、目も真っ赤に充血し出かけられるような状態ではありませんでした。(-_-;)
 そのため、日曜日はヒッキーで自転車のディスプレイスタンドを組み立てていました。
 これで、家人たちに「自転車は外に出して~!」と苦情を言われなくても済むはずだったのですが、「地震で倒れたらどうするの!」と新たな苦情が発生しています・・・。(-_-;)
2011_0417_0010-b.jpg



 天気が良かった土曜日は、花粉症の症状が軽かったので、「もう花粉の季節が過ぎたんだ~。」とルンルン気分で長男坊と本を買いに出かけました。
 長男坊がついてきた理由は、退屈凌ぎと甘いものを期待してのことでした。
 そして、思惑どおり彼がゲットしたのは、マカダミアンナッツクリームのパンケーキです。(^O^)/
2011_0416_0008-b.jpg



 ケーキの写真だけでは寂しいので、出張から帰宅した最初の週の休日に散歩した称名寺と出張後に食べたケーキの写真をUPします。(*^_^*)
 称名寺の参道の桜は、満開を過ぎていましたが、天気も良く出張の疲れを吹き飛ばしてくれました。(^^)v
2011_0412_0021-b.jpg2011_0412_0020-b.jpg



 下の写真は、横須賀のホテルで開催されたパーティーにのプチケーキとパーティーの前の時間調整で入ったカフェのケーキです。
 いつもは、バニラアイスが添えられているチョコレートケーキですが、この日のお伴は桜色のアイスでした。
 花粉症の症状が悪化しては・・・と、パーティーではアルコールをあまり飲まなかったので、締めのケーキは人の分までいただきました。(^O^)/
2011_0410_0006-b.jpg2011_0410_0011-b.jpg
 
2011.04.09 サバラン
 昨日、出張から帰宅しました。
 今回の出張も長く、缶詰状態での勤務でしたので甘味の飢餓状態で、甘いものが食べたくてたまりませんでした。
 甘いものならば、何でも良かったのですが、久しぶりに味わう最初の一口は、どうしても和の甘味を・・・と鎌倉へ・・・。 
 しかし、甘味に飢えて焦っていたのでしょうか。撮った写真はピンボケばかり・・・。(-_-;)

 その代わりと言っては何ですが、3月11日の外勤の際、鎌倉で食べた昼食とデザートをUPします。
 まさか、これを最後に1ヵ月も出張になるなんて思ってもいなかった時の写真です。(^_^;)

 この日は、午前中の会議を終えて職場へ戻る途中、バレンタインデーのお返しを求めることもあったので、鎌倉の「ことのは」さんへ行きました。
 ところが、開店時間を過ぎているはずなのに、暖簾が掛かっていません。
 「お休みかな~・・・。」と帰りかけたところ、部屋の掃除をしていた女将さんの顔が塀越しに見えました。
 「今年もバレンタインデーのお返しに「ことのはあんみつ」をお願いします。」と声をかけると、快く招き入れてくださいました。(^O^)/
 というわけで、今年のバレンタインデーのお返しも、「ことのは」さんの招待券です。(*^_^*)
 「お召し上がりになりますか。」との問いには、せっかくのお休みにお邪魔しては・・・と、ご遠慮させていただきました。

 さて、そうなると、デザートは振り出しに戻りました。
 小町通りに引き返そうか、それとももう少し歩を進め「歐林洞」さんか・・・。
 平日で時間も早かったので、「歐林洞」さんに決定しました。
 いただいたのは、前回、家内には食べさせられなかった「サバラン」です。(^O^)/
2011_0311_0001-b_20110409143701.jpg2011_0311_0002-b_20110409132505.jpg2011_0311_0003-b.jpg
 

 デザートで満足した後は、いよいよ食事です。
 一般的には、食事とデザートの順番が逆ですが・・・。

 せっかくなので、食事の前に八幡宮さんへ寄り道です。
 このときは、本宮の前の河津桜に目を細めていましたが、今は、段葛の桜も満開になっていることでしょう。(^_^)v
 今思うと、随分長い出張でした。(^_^;)
2011_0311_0016-b.jpg



 この日の昼食は、久しぶりに「扉」さんのオムライスを選択しました。
 ちょうど、お昼時だったので、お店は一杯で、その中に、制服姿の中学生が6人ほどいました。
 普段だと、ペチャクチャと話がはずむ年頃ですが、入り慣れていない飲食店の雰囲気に居心地が悪そうで、一様に緊張した面持ちで食事が運ばれて来るのを待っていました。
 なんだか、彼らの気持ちがいじらしく、我が子の姿とも重なり、目がウルウルしそうになりました。
 1人でカフェに入って、ケーキを頬張っているおじさんとは大違いです。(^_^;)
2011_0311_0024-b.jpg

 

 この後、職場へ帰り午後の仕事をしているときに、あの大地震が発生しました。 
 実は、今回の出張先は、その地震の大津波で大きな被害を受けた東北でした。

 そして、震災から数日後、ヘリコプターで気仙沼と大船渡の上空を飛び、被災地の一ヶ所に降り立つ機会がありました。
 テレビを通じて、被災地の悲惨な状況を見てはいましたが、実際に被災地に立って、粉々に砕けた家や、建物に突き刺さっている船を目の当たりにしてみると、テレビで見ているのは、被害の一部でしかない現実が目の前に広がっていて、被害の甚大さに身震いがするほどでした。
 しかし、それにもまして心を打ったのは、火を焚き、食事を作り、元気のあるものが非力な人を助ける被災者の方々の姿です。
 もし、これが関東ならば、こんなに秩序良く過ごせるものだろうか・・・?
 そんな暖かい人達ですから、きっと復興も早いと思います。
 大切なものを失われた被災地の皆さんの心の痛みは消えることがないでしょうが、一刻も早く何不自由のない生活に戻れるようお祈りしたいと思います。<(_ _)>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。